“普通じゃない”って何? ユカ ハイラックが推す 自分を貫くスタイル図鑑 | Numero TOKYO
Fashion / Feature

“普通じゃない”って何? ユカ ハイラックが推す 自分を貫くスタイル図鑑

見たことのあるスタイルはつまらない。 まだ誰も見たことがない自分らしいスタイルを追求する人こそが、モードを愛するファッショニスタだ。 そこでファッション界で活躍する4人に、自分を貫くクリエイターについて話を聞いた。
第3回のレコメンダーは、ユカ ハイラック。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』12月号掲載

斬新なひらめきって夢がある!人の背中を押してくれる素敵な才能です

明るい色使いでインパクト大!
遊び心あふれる自由なスタイルの虜に

minmin(モデル)
Instagram/@butterfly.minmin

自分のスタイルを説明するのにいつも5つの言葉を使うの。安い、ユーモア、ゴージャス、皮肉、そして人気。(minmin)
自分のスタイルを説明するのにいつも5つの言葉を使うの。安い、ユーモア、ゴージャス、皮肉、そして人気。(minmin)

「私の気になる人についての共通点は、ファッション、スタイル、マインドすべてにおいて、オリジナルの世界観や遊び心があり、純度が高く、カルチャーを感じさせるところ。そういった追求心のある人のおかげで自由な今があると思います。彼女は中国の友達の影響でSNSから見つけました。ファッションスタイルのみならず、サイトやインスタ、グラフィック、写真などデジタルを使った世界観で、アイデアも新鮮。ポップで明るい色使いはエネルギーに満ちた自由さを感じます」

フィルター? 本物?
枠を超えたメイクに釘付け!

Sgairewood(アーティスト)
Instagram/@sgairewood

「彼女を見つけたのは海外誌の撮影のリファレンスの一枚に出ていたのがきっかけでした。最初はアプリのフィルターだと思っていたのですが、よく見たら本当のメイク!すごすぎる……と。天才的な発想力とテクニックのすごさにいつも驚かされます。彼女の唯一無二の世界を観察すると、本人の夢が詰まった研究心から生まれたものだろうなと思います。ファンタジーでシュールな世界観が奇妙で、とても好きです」

神秘的な髪形とメイクが魅力。
異世界に連れ込む個性派モデル

Princess Gollum
Instagram/@princessgollum

いつも高望みをしてドツボにはまるの。私のスタイルは私の内側の反映であり、外の世界のすべてとの関係を表している。そんなスタイルが私らしく感じられるし、私自身と周りの友人をハッピーにしてくれる。最近の気分は、充血した目をした闇の国にいるハローキティ・ハイパーポッププリンセスってとこね。(Princess Gollum) using isamayabeauty
いつも高望みをしてドツボにはまるの。私のスタイルは私の内側の反映であり、外の世界のすべてとの関係を表している。そんなスタイルが私らしく感じられるし、私自身と周りの友人をハッピーにしてくれる。最近の気分は、充血した目をした闇の国にいるハローキティ・ハイパーポッププリンセスってとこね。(Princess Gollum) using isamayabeauty

「前髪部分が剃られた髪形と眉なしのスタイル、そして異世界を感じさせる神秘的なメイクに魅了されました。モデルとして知ったのが始まりでしたが気づかないうちに彼女の表現する世界観に引き込まれていました。かなり個性的なスタイルなのに、彼女の生活にしっかりと溶け込んでいるところも面白い。自身を貫いているからでしょうね。ダークとキュートが融合した彼女だけの世界へ連れていってくれます」

特集「自分を貫くスタイル図鑑」をもっと読む


Text & Edit:Saki Shibata

Profile

ユカ ハイラックYUKA HIRAC メイクアップアーティスト。2006年渡英。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション卒業後、活動を開始。2013年に日本に帰国。以降、雑誌や広告、映像など幅広く活動している。今年8月には個展「My creation rubbish」を開催。 Instagram/@yuka_hirac

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する