Beauty / Feature

田中杏子の私的ビューティ考 Vol.14 肌荒れ対策

小誌編集長・田中杏子のプライベートな視点からコスメを紹介。今号は、乾燥トラブルによる肌荒れに対応するケアをお試し! (『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2022年1・2月号掲載)

Ako’s View

「乾燥の季節、今秋発売になった〈レ・マン・エルメス〉を手元に愛用中です。馬具職人の“手仕事”を大切にするエルメスらしいクリエイションで、ハンドクリーム(100ml¥13,200)は潤いとしっとり感を与えてくれるのに、直後に手作業してもベタつきなくなめらか。ネイル&キューティクルケアオイル(15ml¥5,940)もお気に入り」www.hermes.com

RMK|アールエムケー

ピンとしたハリ感で毎日使いたくなります

「とろみのあるテクスチャーが、乾きがちな肌にすっとのびて包み込む感じが気持ちいい!肌にハリが出るようなリッチさもあり、ついつい手が伸びる使用感です」。乾燥による刺激が気になる季節に嬉しい、肌荒れを防ぐ薬用成分グリチルリチン酸を配合。潤ったハリ肌がデイリーに目指せる。

デザイニング リッチセラム〈医薬部外品〉30ml ¥7,700/RMK(RMK Division 0120-988-271)
デザイニング リッチセラム〈医薬部外品〉30ml ¥7,700/RMK(RMK Division 0120-988-271)

 
 

Mgb Skin|エムジービー スキン

テクスチャーも見た目もすごく好き!

「のびがよくベタつかず、爽やかな香りも好み。ちょっと敏感気味の肌に塗ってみても、ストレスフリーなつけ心地でした。保湿力も優秀です」。ヨモギエキスやドクダミエキスなど肌荒れに効くハーブを高配合した、軽やかなジェルクリーム。突発的な赤みやかゆみなど、炎症が起きやすい肌のお守りに。

マグワートピュアクリーム 60g ¥3,300/Mgb Skin(メグットビューティ 03-6455-1447)
マグワートピュアクリーム 60g ¥3,300/Mgb Skin(メグットビューティ 03-6455-1447)

 
 

Tsuda Cosmetics|ツダコスメティクス

肌荒れが気になるけどエイジングケアしたい!

「ビタミンCがたっぷり入っていて、さらっとしっとり。攻めのエイジングケアができるのがいいですね」。5種のビタミンC誘導体がシミもシワもたるみもケア。肌悩みスパイラルから抜け出したい人の強い味方!

5C バリア セラム45ml ¥12,100/Tsuda Cosmetics(ドクター津田コスメラボ 0120-555-233)
5C バリア セラム45ml ¥12,100/Tsuda Cosmetics(ドクター津田コスメラボ 0120-555-233)

 
 

La Roche Posay|ラ ロッシュ ポゼ

国産シルクを配合したとろける質感のクリーム

「すっとなじんで肌に入り込むようなテクスチャーがよく、保湿力が高いのに重たくないのも◎」。敏感肌のために設計された保湿クリーム。外気や刺激からシャットアウトする力を肌に備える。

トレリアン ダーマアレ ルゴ クリーム 40ml ¥4,400/La Roche Posay(ラ ロッシュ ポゼ 03-6911-8572)
トレリアン ダーマアレ ルゴ クリーム 40ml ¥4,400/La Roche Posay(ラ ロッシュ ポゼ 03-6911-8572)

 
 

Dr.Jart+|ドクタージャルト

塗ってびっくり! 不思議なクリームです

「緑色のクリームを肌に塗ると、パウダリー&ベージュ色に変化。赤みや色ムラをさっとカバーしてくれます」。肌荒れに効く話題の成分シカを配合。ニキビ跡を隠す下地としても活躍!

シカペアリカバー SPF40・PA++ 15ml ¥1,925/Dr.Jart+(インター ナショナルコスメティックス  03-5825-7588)
シカペアリカバー SPF40・PA++ 15ml ¥1,925/Dr.Jart+(インター ナショナルコスメティックス 03-5825-7588)

 
 

Ferzea|フェルゼア

じゅわっと浸み込む化粧水が使いやすい

「泡状で出てくる化粧水は、浸透も潤いも優秀。安心して使えます」。乾燥肌を“改善”するヘパリン類似物質配合。右から、口元のカサつき改善に。

フェルゼアプレミアム HPバー ム〈第2類医薬品〉10g ¥1,078、同薬用泡の化粧水〈医薬部外品〉80g ¥1,848/Ferzea(ライオン 0120-556-913)
フェルゼアプレミアム HPバー ム〈第2類医薬品〉10g ¥1,078、同薬用泡の化粧水〈医薬部外品〉80g ¥1,848/Ferzea(ライオン 0120-556-913)

 

「田中杏子の私的ビューティ考」をもっと読む

Photos : John Chan Edit : Naho Sasaki

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する