Fashion / Feature

ニューノーマルなスタイルレッスン vol.7 ヘアアクセサリー

ファッションはいつだってその時々のムーブメントと密接に関わりがあるもの。いま気になることや、必要なこと、大切なこと......自分自身に問いかけてみると、新たなマイスタイルが見えてくるはず。今月は“ヘアアクセサリー”にフォーカス。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年10月号掲載)

ジュエリー感覚で楽しむヘアアクセサリー

一点投入するだけで、いつものイメージをガラッと変えてくれるヘアアクセサリー。オンライン会議や、まだまだマスクが手放せないなか、顔まわりにパッと華を添えてくれる優秀なアイテム。普段のヘアスタイルに変化球をプラスして、周囲の視線を独り占めしてみて!

1.バレッタ ¥29,400(参考価格、輸入関税込み)/Jennifer Behr(ファーフェッチ カスタマーサービス 050-3205-0749) 2.パールカチューシャ ¥60,500/Co | Te(イザ 0120-135-015) 3.リング ¥26,400/Ambush®(アンブッシュ® ワークショップ 03-6451-1410) 4.ビスチェ ¥53,900(参考価格)/Kimhekim(エンメ 03-6419-7712) 5.ボディ ¥42,900/Alexanderwang(アレキサンダーワン 03-6418-5174) 6.パンツ ¥64,900/Paco Rabanne(エドストローム オフィス 03-6427-5901) 7.バッグ(W20.5×H19.5×D6.5cm)¥52,800/Furla(フルラ ジャパン 0120-951-673) 8.シューズ(ヒール6.5cm) ¥103,400/Jimmy Choo(ジミー チュウ 0120-013-700)
1.バレッタ ¥29,400(参考価格、輸入関税込み)/Jennifer Behr(ファーフェッチ カスタマーサービス 050-3205-0749) 2.パールカチューシャ ¥60,500/Co | Te(イザ 0120-135-015) 3.リング ¥26,400/Ambush®(アンブッシュ® ワークショップ 03-6451-1410) 4.ビスチェ ¥53,900(参考価格)/Kimhekim(エンメ 03-6419-7712) 5.ボディ ¥42,900/Alexanderwang(アレキサンダーワン 03-6418-5174) 6.パンツ ¥64,900/Paco Rabanne(エドストローム オフィス 03-6427-5901) 7.バッグ(W20.5×H19.5×D6.5cm)¥52,800/Furla(フルラ ジャパン 0120-951-673) 8.シューズ(ヒール6.5cm) ¥103,400/Jimmy Choo(ジミー チュウ 0120-013-700)

ぷっくりと立体感のあるシェイプに、パールをトッピングしたカチューシャと、まるで蝶がひらひらと舞い降りたようなヘアクリップは、フェミニンなアクセントを加えてくれる。ガーリーなヘアアクセサリーには、あえてデニムをチョイス。カジュアルとのミックススタイルが、モードアップを叶えてくれる。

Dior|ディオール

ネット付きのデザインで上品さがあり、フォーマルなオケージョンにも◎。 カチューシャ ¥102,300/Dior(クリスチャン ディオール 0120-02-1947)
ネット付きのデザインで上品さがあり、フォーマルなオケージョンにも◎。 カチューシャ ¥102,300/Dior(クリスチャン ディオール 0120-02-1947)

Chanel|シャネル

動く度にビジューが揺れてドラマティックな印象に。 ヘッドバンド ¥368,500/Chanel(シャネル カスタマーケア 0120-525-519)
動く度にビジューが揺れてドラマティックな印象に。 ヘッドバンド ¥368,500/Chanel(シャネル カスタマーケア 0120-525-519)

Gucci|グッチ

インターロッキングGと鮮やかなビジューでポップに魅了。 ヘアクリップ ¥55,000/Gucci(グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177)
インターロッキングGと鮮やかなビジューでポップに魅了。 ヘアクリップ ¥55,000/Gucci(グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177)

Burberry|バーバリー

チェーンモチーフにキラリとストーンが輝く。 ヘアクリップ ¥57,200(予定価格)/Burberry(バーバリー・ジャパン 0066-33-812819)
チェーンモチーフにキラリとストーンが輝く。 ヘアクリップ ¥57,200(予定価格)/Burberry(バーバリー・ジャパン 0066-33-812819)

Salvatore Ferragamo|サルヴァトーレ フェラガモ

アイコンシューズから着想を得たリボンがフェミニンに演出。 バレッタ 各¥26,400/Salvatore Ferragamo(フェラガモ・ジャパン 0120-202-170)
アイコンシューズから着想を得たリボンがフェミニンに演出。 バレッタ 各¥26,400/Salvatore Ferragamo(フェラガモ・ジャパン 0120-202-170)

Miu Miu|ミュウミュウ

ブランドロゴやハートをなぞったストーンがキュート。 ヘアクリップ〔上〕¥52,800 〔下〕¥34,100(ともに予定価格)/Miu Miu(ミュウミュウ クライアントサービス 0120-451-993)
ブランドロゴやハートをなぞったストーンがキュート。 ヘアクリップ〔上〕¥52,800 〔下〕¥34,100(ともに予定価格)/Miu Miu(ミュウミュウ クライアントサービス 0120-451-993)

Fendi|フェンディ

「フェンディ オーロック」モチーフがセンシュアルに主張する。 ヘアクリップ ¥52,800/Fendi(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)
「フェンディ オーロック」モチーフがセンシュアルに主張する。 ヘアクリップ ¥52,800/Fendi(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

Versace|ヴェルサーチェ

アイコンであるメデューサで華麗なワンポイントをプラス。 ヘアクリップ〔上〕¥27,500 〔下〕¥33,000/ともにVersace(ヴェルサーチェ ジャパン www.versace.jp)
アイコンであるメデューサで華麗なワンポイントをプラス。 ヘアクリップ〔上〕¥27,500 〔下〕¥33,000/ともにVersace(ヴェルサーチェ ジャパン www.versace.jp)

Roger Vivier|ロジェ ヴィヴィエ

サテン生地にクリスタルバックルのコンビネーションで大人の華やかさをアピール。 ヘアバンド ¥127,600/Roger Vivier(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン 0120-957-940)
サテン生地にクリスタルバックルのコンビネーションで大人の華やかさをアピール。 ヘアバンド ¥127,600/Roger Vivier(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン 0120-957-940)

Justine Clenquet|ジュスティーヌ クランケ

アップスタイルのヘアアレンジに万能な逸品。 ヘアゴム ¥9,900/Justine Clenquet(ザ・ウォール ショールーム 03-5774-4001)
アップスタイルのヘアアレンジに万能な逸品。 ヘアゴム ¥9,900/Justine Clenquet(ザ・ウォール ショールーム 03-5774-4001)

Alexandre de Paris|アレクサンドル ドゥ パリ

お手軽にクリーンなヘアスタイルを叶えてくれる。 各¥93,500/Alexandre de Paris(アレクサンドル ドゥ パリ ギンザ シックス店 03-6264-5442)
お手軽にクリーンなヘアスタイルを叶えてくれる。 各¥93,500/Alexandre de Paris(アレクサンドル ドゥ パリ ギンザ シックス店 03-6264-5442)

Simone Rocha|シモーネ ロシャ

ブランドらしさが詰まったヘアピンで女性らしさを底上げして。 ヘアピン〔上〕¥22,000 〔下〕¥12,900(ともに参考価格、輸入関税込み)/Simone Rocha(ファーフェッチ カスタマーサービス 050-3205-0749)
ブランドらしさが詰まったヘアピンで女性らしさを底上げして。 ヘアピン〔上〕¥22,000 〔下〕¥12,900(ともに参考価格、輸入関税込み)/Simone Rocha(ファーフェッチ カスタマーサービス 050-3205-0749)

Charlotte Chesnais|シャルロット シェネ

有機的かつモダンなフォルムが新鮮。 バレッタ ¥37,000/Charlotte Chesnais(エドストローム オフィス 03-6427-5901)
有機的かつモダンなフォルムが新鮮。 バレッタ ¥37,000/Charlotte Chesnais(エドストローム オフィス 03-6427-5901)

特集「ニューノーマルなスタイルレッスン」をもっと見る

Photos : Kouki Hayashi Fashion Editor : Shiori Kajiyama

Profile

梶山史織Shiori Kajiyamaファッション・エディター。服飾専門学校卒業後、ニューヨーク留学を経て2018年『Numero TOKYO』に参加。田中杏子に師事し、主にファッションページを担当。ダンスとミュージカル、お笑いなどのエンターテイメント全般への愛が深め。最近は高校生ぶりにKpopブームが再熱し、推しの動画を見漁るのが毎晩のルーティーン。韓国語勉強もひっそりとスタート。最年少スタッフとして、一人前のエディターを目指すべく、先輩の背中を見て日々猛進中。永遠のミューズは「オーシャンズ8」のケイト・ブランシェット。

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する