Culture / Feature

このロゴに見覚えあり? 東京カルチャー案内 vol.14 ロス・アプソン

思いがけない発見を与えてくれる個性的な店の数々は、そのロゴも個性と魅力に溢れている。ヌメロ・トウキョウ10月号ではライブハウス、本屋、レコードショップ、コーヒーショップの4カテゴリからいまの東京カルチャーを形づくる店のロゴをコラージュで紹介した。ウェブでは拡大版としてもっと詳しいガイドをお届け! 第14回目は高円寺のレコードショップ、ロス・アプソン(LOS APSON?)。

1994年、西新宿のマンションの一室にオープンし、2015年に高円寺に移転したセレクトショップ、ロス・アプソン。ワールドミュージック、ジャズ、ロック、ノイズ、現代音楽、クラブミュージック等、ジャンルレスでディープで多国籍なレコードに加え、アーティストが制作したZINE、Tシャツ、雑貨やCD-R等も取りそろえたユニークなショップだ。

ロス・アプソンの名前の由来は1960年代に活動していたメキシコの同名ガレージバンドから。バンドの奏でる音の構成がユニークだったことから採用した。初期は、ライブストリーミングストジオDOMMUNE主宰で現代美術家、映像作家、グラフィックデザイナーとしても活躍する宇川直宏さんが手がけたマスクマンのロゴを使用していた。現在のロゴは店長の山辺圭司さんとスタッフがメキシコの壁画から出てきた躍る古代人(宇宙人?)をテーマに制作したもの。

毎年恵比寿のライブハウス、リキッドルームの2階にあるKATAにて「T-SHIRT! THAT’S FIGHTING WORDS!!!」というさまざまなアーティストやブランドがTシャツを出品するTシャツフェアを開催していることでも知られる(2020年、2021年は休止)。

ここでしか手に入らない一品を探しに、ぜひ訪れて。

LOS APSON?
ロス アプソン?
住所/東京都杉並区高円寺南4-3-2 三光ビル1F
営業時間/13:00~19:00
定休日/水
TEL/03-6337-1595
URL/www.losapson.net

「ロゴで巡る東京カルチャー」をもっと見る

Text:Kaori Komatsu Edit:Mariko Kimbara

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する