Art / Feature

アート×ライフ:それぞれのかたち vol.2 ギャル電

「表現することは生きること」だと人は言う。それって本当? 領域や手法の異なる4組に、新たな表現に懸ける思いを質問。それぞれの形で浮かび上がる、“アートな生き方”の楽しみとは。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年6月号掲載)

ギャル電のまお(右)ときょうこ(左)。Photo: 山本大悟
ギャル電のまお(右)ときょうこ(左)。Photo: 山本大悟

ギャル電

電子工作を実装した、渋谷ギャルの最新形態

21世紀のTOKYOに、電子工作をするギャルが現れた! レーザーカッターで部品を切り出し、電子回路にプログラムを走らせ、光るLEDデバイスを自作して夜の渋谷へ繰り出す“きょうこ”と“まお”。それにしても何故、ギャルと電子工作なのか。「出落ち感が半端ないですよね」と笑う二人に、そのいきさつを聞いた。

電飾看板ネックレスのシリーズより。LEDを内蔵して七色に光る『感電上等』
電飾看板ネックレスのシリーズより。LEDを内蔵して七色に光る『感電上等』

上と同じく電飾看板ネックレスのシリーズより。『高収入!!』
上と同じく電飾看板ネックレスのシリーズより。『高収入!!』

きょうこ「私はポールダンスをやっていて、衣装や小道具作りから電子工作に興味を持ちました。そこで気付いたのが『日本のストリートには電子工作が足りない』ということ。海外だと、パリピがクラブで目立つために光るアクセサリーを自作するのは当たり前。そんなときにまおと出会って、2016年にギャル電を結成しました」

まお「私はギャルをやりながら工学系の大学に通っています。テクノロジーを使って自分が格好いいと思うものを作ったら、絶対に面白いと思って。ちょうどIoTに注目が集まっていた頃で、うちらもデコトラみたいな電飾で光り方を制御できるキャップを作ったんです。でも地下のクラブに行ったらWi-Fiがつながらなかった。だったら技術的にショボくても、ビカビカして誰もが格好いいもののほうがいいかな、と」

『光るカセットテープ』。この作品の電子工作ワークショップも開催。
『光るカセットテープ』。この作品の電子工作ワークショップも開催。

彼女たちいわく、ギャルとは「人の意見を気にせず、自分がいいと思うものを推していく強い女の子」。その生き方を楽しむための武器が、電子工作というわけだ。

きょうこ「見た目のせいか、難しいものを作ると『誰かに作ってもらったんでしょ?』と言われる(怒)。だからこそ、女子中学生が友達にミサンガを作ってあげる感覚で“ストリート電子工作”の楽しさを広めたい。それがうちらのリアルだから」

まお「あと、日本のギャル文化はネオギャルで止まっているので、新しいギャル像を確立したい。他にも仲間が増えて、“光り物を着けてる女子=ギャル電”って呼ばれるようになったら、すごくワクワクする。その日を目指して、サバイブしていきたいですね」

踊ると発光する仕組みを搭載した新作『ルーズソックス発電機』
踊ると発光する仕組みを搭載した新作『ルーズソックス発電機』

Interview, Edit & Text : Keita Fukasawa

Profile

ギャル電Galden 「ギャルも電子工作をする時代!」をスローガンに掲げる電子工作ギャルユニット。2016年、現役女子大生ギャルのまおと元ポールダンサーのきょうこによって結成。ギャルとパリピにモテるテクノロジーを展開し、各方面から話題を呼ぶ。近頃、ギャル電のキャラクターグッズやアパレルグッズ生産に乗り出し、オンライン販売を開始した。(Photo:山本大悟) オンラインショップ:https://galdenchan.official.ec/

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する