Culture / Lifestyle

#STAYHOME おしゃれな人のおうち時間 file.7 MEI inニューヨーク

COVID-19による、世界的なパンデミックで自粛生活が続く今日。おしゃれな人たちは家の中でどんな過ごし方をしているのだろう。シリーズ第7回目は、ニューヨーク在住のネイリスト、MEI。楽しんでいることと、健やかに過ごすためのティップスを教えてくれた。ヒントを得て、前向きなおうち時間を過ごそう。

ネイルのパワーが爆発! キュートな装いでエクササイズも楽しく

NYでネイルサロン「NAIL by MEI」を構え、セレブリティやファッションショー、雑誌や広告の撮影などのネイルアートを手がけるMEI。「楽しんでいることはネイルアートとエクササイズ、それからダンスだという。「ネイルに合わせて、ファッションとメイクもトータルコーディネートしています。エクササイズはYouTubeの10 minutes exerciseがお気に入り。腹筋のトレーニングをしています」それから、家で大好きな曲をガンガンかけて踊ることほど楽しいことはない、と断言。「winkや荻野目洋子などの80年代の日本の歌謡曲をかけて踊るとすごく気分が上がる。最近TikTok(@nailsbymei)を始めたので、ダンス動画を見たり投稿をアップすることにもはまっています」

@nailsbymei

##doyouwannatouchme

♬ Do You Wanna Touch Me (Oh Yeah) – Joan Jett

ポジティブなマインドと日替わりファッションで新たな自分を発見

自粛生活で大切なのは、ポジティブになれることだけすることだという彼女。「ニュースで情報を得ることは大切ですが、メンタルのために見過ぎないことが大事。それから必ず朝起きて夜寝ること。朝ごはんもしっかり食べます。欠かせないのが、友達とFace Timeを使って会話する時間です」

自身のinstagram(@nailsbymei)の投稿とストーリーズでは、毎日異なるファッションでダンスをするキュートな姿も披露。「ファッションは、毎日違うテーマの洋服を着て、自分の変化を楽しんでいます。ある日はラテンセクシーママ、昨日はグッドガール、今日は80年代のアイドルのように。その日の気分になりきって、料理も楽しく取り組んでいます」自炊を続け外食が減ったことで、体調も整ったのだそう。前向きなパワーが満ち溢れているMEIのinstagtam、是非チェックを。

Interview & Text:Aika Kawada Edit:Chiho Inoue

Profile

MEI 19歳でネイルアーティストとしてのキャリアをスタート。その後、自身のネイルサロンを原宿にオープン。そこで培った経験とスキルを活かし、2012年、単身渡米。ファッションブランドやセレブリティを中心に、ニューヨークで活躍中。 instagram:@nailsbymei

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する