126
Beauty Tips

女性のアンダーケア事情 Vol.1
粘液力=妊娠力。自分の膣に関心を持つ大切さ

朝晩のスキンケア同様に、実はデリケートゾーンも毎日のケアが必要。それは女性としての性を大切にすることであり、もっとも重要なエイジングケアでもある。そこで、“粘液美容”を提唱する植物療法士の森田敦子さんに、膣と女性の健康に関して伺う。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2014年9月号掲載)

Illustration : Emma Mori Cutout
Photos : Yuji Namba
Edit & Text : Hisako Yamazaki

sow_main

粘液美容=デリケートゾーンのケア

1992〜97年まで、国立パリ13大学・医薬学部にて薬草学(フィトテラピー)を勉強しました。日本では不妊症、月経痛、子宮筋腫などで初めて婦人科へ行く人も多いのですが、フランスでは“マイ”婦人科を思春期より持ち、日頃から女性ホルモンを整えるセルフケアを行っています。私自身、20代の頃に「子どもはできないでしょう」と医者に宣告され、38歳あたりから女性ホルモンの数値を戻そうと努力し、粘膜液が正常に出る健康な体になったら、40代半ばで子どもを授かり、粘液の力を身をもって実感したのです。

例えば、目にゴミが入ったり、風邪の菌などが体内に入った場合、涙や鼻水となって異物や汚れを体から外へ出そうとしますよね。これが粘液の働き。つまり、「粘液が出る=免疫力がある」ということ。膣粘液は、子宮の中の不純物やセックス時に入ってしまったウイルスなどの異物を出すという働きがあり、しっかりとたっぷり体の中から出すことができる人が、免疫力の高い人なのです。

また粘度が高いと、精子をちゃんと包み込んで、奥まで引き込めるから妊娠しやすい体へ。膣粘液が乾燥しやすい=体内の老化が進んでいるということ。髪の毛も薄くなり、白髪も増えてきてしまう。日本では「雑菌が入るから、膣に手を入れてはいけない」と教えられますが、日々の膣粘液の状態をデリケートゾーンのケアで毎日セルフチェックしていただきたい。

女性のサイクルと膣のケア

Recomended Post