Fashion / Feature

レディのたしなみに、スカーフを

淑女たるもの、スカーフのひとつやふたつは軽やかに巻きこなしたい。今季の新作スカーフは、シルクシフォンや丈の長いストールタイプなどバリエーション豊か。変幻自在な新時代のエレガンスを、スタイリスト清水奈緒美さんによるスタイリング指南とともに。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2019年10月号掲載)

スカーフ ¥56,000 ジャケット ¥1,100,000(参考価格) ベルト ¥57,000/すべてCeline by Hedi Slimane(セリーヌ ジャパン 03-5414-1401) シャツ ¥44,000 パンツ¥33,000/ともにTomwood(ステディ スタディ 03-5469-7110) カットソー ¥38,000/Toga Pulla(トーガ 原宿店 03-6419-8136) キャップ ¥9,500/Undecorated(アンデコレイテッド 03-3794-4037) ピアス¥70,000/Shihara(シハラ ラボ 03-3486-1922)
スカーフ ¥56,000 ジャケット ¥1,100,000(参考価格) ベルト ¥57,000/すべてCeline by Hedi Slimane(セリーヌ ジャパン 03-5414-1401) シャツ ¥44,000 パンツ¥33,000/ともにTomwood(ステディ スタディ 03-5469-7110) カットソー ¥38,000/Toga Pulla(トーガ 原宿店 03-6419-8136) キャップ ¥9,500/Undecorated(アンデコレイテッド 03-3794-4037) ピアス¥70,000/Shihara(シハラ ラボ 03-3486-1922)

トラッド×スポーティに馴染むシルクシフォンをアシンメトリーに

スカーフ 60cm×210cmのシルクシフォンスカーフ
巻き方 首にかけて一度結ぶ。垂らした片方を結んでハーフリボンを作り、引き出した部分をたるませドレープを作る。リボンをサイドに寄せて、垂らした部分の長さを調節する。
「70年代クラシックなチェーンの柄が今年らしい一枚。シルクシフォンの長方形でこの長さは珍しいので、透け感と長さ、ひらひらしたところが際立つように結びました。垂らした先端をジャケットの丈に合わせるのがポイントです」

頭に巻いたスカーフ¥56,000 スカーフ付きバッグ¥337,000(W30×H21×D9.5cm)/ともにGucci(グッチ ジャパン 0120-99-2177) パーカ ¥43,350/Paco R abanne(エドストローム オフィス 03-6427-5901) ドレス ¥180,000 スカート ¥130,000/ともにBlamink(ブラミンク 03-5774-9899) シャツ ¥52,000/Scye(マスターピースショールーム 03-5414-3385) 中に着たトップ ¥17,000(参考価格)/ Lacoste(ラコステお客様センター 0120-37-0202) チェーンネックレス ¥85,000 クロスのトップ ¥340,000 ¥300,000/すべてIleana Makri(イレアナ・マクリ GINZA SIX店 03-6263-9953) リング¥31,000/ Tomwood(ステディ スタディ)
頭に巻いたスカーフ¥56,000 スカーフ付きバッグ¥337,000(W30×H21×D9.5cm)/ともにGucci(グッチ ジャパン 0120-99-2177) パーカ ¥43,350/Paco R abanne(エドストローム オフィス 03-6427-5901) ドレス ¥180,000 スカート ¥130,000/ともにBlamink(ブラミンク 03-5774-9899) シャツ ¥52,000/Scye(マスターピースショールーム 03-5414-3385) 中に着たトップ ¥17,000(参考価格)/ Lacoste(ラコステお客様センター 0120-37-0202) チェーンネックレス ¥85,000 クロスのトップ ¥340,000 ¥300,000/すべてIleana Makri(イレアナ・マクリ GINZA SIX店 03-6263-9953) リング¥31,000/ Tomwood(ステディ スタディ)

顔周りとバッグのハンドルでシンクロした柄に存在感あり

スカーフ 90×90cmのシルクスカーフ
巻き方 半分に折って三角形を作り、さらに折って帯状にする。頭にヘアバンドのように巻き、後頭部でクロス。そのまま首に向かって巻き、前で交差させて首の後ろで固結びをする。
「オーソドックスな90×90cmのサイズは、大きさに苦手意識がある方もいると思いますが、折ってコンパクトにすると柄の分量を調節でき、扱いやすくなりますよ。また、首周りはインナーのタートルネックの下に忍ばせるとまとまります」

スカーフ ¥40,000 ロサンジュ 各¥64,000 バングル(大)¥82,000 バングル(小)各¥39,000/すべてHermès(エルメスジャポン 03-3569-3300) ドレス ¥64,000/MM6 Maison Margiela(エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ 03-3408-8681) ニット ¥30,000 中に着た半袖ニット ¥27,000/ともにJohn Smedley(リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)
スカーフ ¥40,000 ロサンジュ 各¥64,000 バングル(大)¥82,000 バングル(小)各¥39,000/すべてHermès(エルメスジャポン 03-3569-3300) ドレス ¥64,000/MM6 Maison Margiela(エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ 03-3408-8681) ニット ¥30,000 中に着た半袖ニット ¥27,000/ともにJohn Smedley(リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)

ひし形をつなげて色柄ボリュームたっぷりのボウタイ巻き

スカーフ 48×114cmのひし形のカシミアシルクスカーフ2枚
巻き方 ひし形のスカーフを2枚用意し、端と端を固結びでつなげる。このとき、結び
目は小さく作る。首にかけて一巻きしたら左右の長さを揃える。中央で蝶結びにし、形を整える。
「首に巻いた部分からリボンを離して結ぶと、こなれた雰囲気に。エルメスのロサンジュ(ひし形)は、アクセサリー感覚で初心者にもトライしやすくておすすめです」

スカーフ ¥40,000 ペンダント¥61,000/ともにHermès(エルメスジャポン)
スカーフ ¥40,000 ペンダント¥61,000/ともにHermès(エルメスジャポン)

エキゾチックなヘッドスカーフは肩に流した差し色が粋

スカーフ 70×70cmのシルクスカーフと48×114cmのひし形のカシミアシルクスカーフ
巻き方 正方形のスカーフを二つ折りにして三角形を作る。真知子巻きの要領で頭にかぶり、両端を首元で交差させて、首の後ろで結ぶ。結び目でできたスペースに、三角形の先端をしまう。ひし形を上から巻き、肩で交差させて先端を前後に垂らす。
「“ヴィンテージ”シルクは、落ち着いた光沢感で使いやすいです。私はシルクツイル素材も洗濯機で洗いにかけて、馴染みやすい風合いにしたりしています」

ピアス ¥70,000/Shihara(シハラ ラボ)
ピアス ¥70,000/Shihara(シハラ ラボ)

カレとブレスレットのカラーを合わせて、手元を凛々しく

スカーフ 70×70cmのシルクスカーフ
巻き方 四つ折りにして細い帯状にする。腕に巻いて固結びにし、結び目の形を整える。スカーフの上からブレスレットを通し、結び目を腕の外側に来るようにする。
「70×70cmのスカーフは柄の出方も控えめで、小柄な方にも扱いやすいサイズ。首周り以外の部位や小物にも応用しやすいので、さまざまなアレンジが楽しめます」

コート ¥390,000(スカーフ付き) ストッキング ¥37,000/ともにFendi(フェンディ ジャパン 03-3514-6187) スカーフ付きシャツ ¥28,000/Toga Pulla(トーガ 原宿店) スカート ¥160,000/Blamink(ブラミンク) ベレー¥19,000/Lauhère(クオリネスト 03-6451-1458) ピアス ¥70,000/Shihara(シハラ ラボ) ソックス ¥3,000/Pantherella(真下商事 03-6412-7081) シューズ ¥54,000/Adieu(エドストローム オフィス)
コート ¥390,000(スカーフ付き) ストッキング ¥37,000/ともにFendi(フェンディ ジャパン 03-3514-6187) スカーフ付きシャツ ¥28,000/Toga Pulla(トーガ 原宿店) スカート ¥160,000/Blamink(ブラミンク) ベレー¥19,000/Lauhère(クオリネスト 03-6451-1458) ピアス ¥70,000/Shihara(シハラ ラボ) ソックス ¥3,000/Pantherella(真下商事 03-6412-7081) シューズ ¥54,000/Adieu(エドストローム オフィス)

リボンで華やぐバックスタイル。首元はデニムでクールに

スカーフ 13×203cm(編集部調べ)の長方形スカーフ
巻き方 スカーフをベルトループに通して背骨に向かって引き寄せ、左右の端と端を交差させて結ぶ。そのまま大きめの蝶結びにする。リボンの形と垂れた部分の分量を調節する。
「長方形のスカーフなら、手持ちのものを代用することも。スカーフの色選びはマフラーの色と同じように考えると、ワードローブに合わせやすいと思います。黒、紺、ベージュあたりだと洋服から浮かないのでスタイリングしやすいです」

※本誌P.117、ブランド表記に誤りがありました。正しくは「Tomwood」です。お詫びして、訂正いたします。

Photo:Jun Yasui Styling:Naomi Shimizu Hair:Takeshi Makeup:Ken Nakano Edit & Text:Chiho Inoue, Aika Kawada

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する