Food / Editor's Post

メロン尽くしのフルーツコースを銀座で

メロンのフルコース ¥4,000 完全予約制90分
メロンのフルコース ¥4,000 完全予約制90分

スイーツ好きとして、月が変わるたびに楽しみにしているものがあるのですが、その一つが銀座にあるフルーツコース専門店「Fruits Salon(フルーツサロン)」のメニューです。

代々木上原のビヤンネートル パティスリーや参宮橋のフロートのオーナーパティシエを務める馬場麻衣子シェフが監修した、季節のフルーツを贅沢に使った4品のコースが楽しめます。

馬場麻衣子シェフ
馬場麻衣子シェフ

7月はメロンのコースということで、早速行ってきました!

席につくと、まずドライフルーツのセットと小さなパウンドケーキをいただきます。こちらは販売もしているので、お土産として購入もできます。

テリーヌ
テリーヌ

一皿目は、テリーヌ。アーモンドのキャラメリゼやドライフルーツがたっぷり入ったヌガーグラッセをテリーヌに見立て、メロンはトニックに短時間浸した瞬間コンポートにして、カシスとヨーグルト、ライムカードのソースが美しく添えてあります。

メロンはしゅわしゅわっとした清涼感があり、みっちり濃厚なヌガーグラッセの甘味と、酸味あるソースとのバランスがまた新しい! 甘いだけじゃない、素材の良さを活かした予想外な合わせにいつも驚かされます。

ガスパチョ
ガスパチョ

2皿目はガスパチョ。スイーツがくると思っていたら、なんとスープでした。赤肉メロンと数種類の瓜科の野菜を使ってガスパチョ仕立てに。パルメザンチーズのコカ(薄焼きパイ)と一緒にいただきます。青々としたフレッシュな味に、これがメロン!?とびっくり。冷製スープでさっぱりとリセットできる、お口直し的な一品です。最後のパフェへの期待が高まります。

パフェ
パフェ

3品目はお待ちかねのパフェ。肥後グリーンメロンのソルベに、下にはジャスミンのジェラートが。スパークリングワインのグラニテやミントのジュレが隠れていて、爽快感たっぷりに演出しています。メロンのソルベがみずみずしく、一気に夏気分。とっても軽くて爽やかで、ぺろりと食べられます。

コースの中には、翌月のフルーツコースの主役となる果物が毎回潜んでいるのですが、パフェの底には桃がありました! 8月5日(水)からは桃のコースが始まるみたいですよ!

なお、今回のコースで使用しているメロンの品種は、その日の仕入れ状況により変わる可能性がありますが、茨城のイバラキング、熊本のライデン、アールスメロン、マスクメロンなどを使用しているそうです。

食後のドリンク
食後のドリンク

コースの最後、4品目は丸山珈琲のオリジナルブレンドコーヒー、紅茶、ハーブティーから選べるドリンクです。

コース仕立てだとボリュームたっぷりに感じるかもしれませんが、私はお昼にランチをしっかり食べても完食できました(ただの食いしん坊という説も)。さっぱりと軽くお腹にもたれず、罪悪感ゼロ。きっと新しいメロンの魅力に出合えるはずです。

ドライフルーツやコンフィチュール、パウンドケーキなどを販売
ドライフルーツやコンフィチュール、パウンドケーキなどを販売

完全予約制で、テーブルは距離を確保して営業されているのも安心ですね。夏の暑い日、銀座で贅沢なひとときを過ごしてみてください。

Beauty Connection Ginza2階のFruits Salon
Beauty Connection Ginza2階のFruits Salon

メロンのフルコース
価格/¥4,000
提供期間/2020年7月1日(水)〜8月3日(月)
※完全予約制90分、Webから要予約。

Beauty Connection Ginza
住所/東京都中央区銀座7丁目9−15 B1~4F
TEL/03-6263-8392
営業時間/11:00〜20:00
定休日/火
URL/www.beauty-connection.jp/fruits/

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなどあらゆるジャンルに幅を広げるべく猛進中。Numero.jpの連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当。スイーツ全般を愛し、なかでもパフェに熱狂的。

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する