Fashion / Post

「Hanro」の快適インナーでちょっと贅沢なおうち時間を

スイス生まれのアンダーウエアブランド、ハンロ(HANRO)。創業130年以上という歴史をもち、シンプルなデザインと上質な素材、抜群の着心地にはファッション界のファンも多く、世界中の女性たちから支持されています。

「UIH003 BEカラー」
「UIH003 BEカラー」

上質なクオリティは映画界もお墨付きで、なんと映画『七年目の浮気』でのかの有名なシーン、地下鉄の通気口からの風で白いドレスが舞い上がる伝説的な一場面でマリリン・モンローが身につけている下着は、ハンロのものだとか! 他に、キューブリック監督『アイズ ワイド シャット』でニコール・キッドマンが着用しているキャミソールもそうです。さりげないけれど、ボディを美しく見せる重要なアイテムというだけあって、選ばれているのだと思います。

そんなハンロの着心地が気になるという方へ、自宅でのリラックスタイムにも活躍するおすすめのインナーアイテムを紹介します。

「UIH015 GYカラー」¥18,000
「UIH015 GYカラー」¥18,000

定番人気のカップ付きブラキャミソール。締め付けのない柔らかいストラップや、胸元を美しく演出するカッティングが人気の秘密。もちろん肌触りも抜群で、暑い日のおうち時間はこれ一枚で過ごしたいところ。私も白をもっていますが、とにかく着ていて気持ちいい! ファーストハンロにぜひ。

「UIH001 BLカラー」¥7,500
「UIH001 BLカラー」¥7,500

カップ付きでないキャミソールなら、同じく定番人気の「コットンシームレス」を。サイドや裾部分に縫い目がなく、アウターにひびきにくいのがうれしい。コットン100%にシルケット加工をすることで、シルクのような光沢感を生み出しています。

「UIH102 WIカラー」¥8,000
「UIH102 WIカラー」¥8,000

同じシリーズのタンクトップタイプ。上品な光沢感でスポーティすぎず、エレガントに見えます。ちらっと見えても恥ずかしくない! オンラインショップでぜひチェックしてみてください。

ブランドから、素敵なプレゼントも!ステファン・ホーマンCEOがNumero TOKYO読者のために直筆の愛のこもった長文メッセージを寄せてくれました。

「Numero TOKYO読者のみなさまへ
私たちから心からの気持ちをお届けします。あなたと愛する人が無事でありますように。イタリアにおいても、スイスやアメリカでも、そして日本でも、この前例のない新しい現実を前に、私たちは団結しています。家でほとんどの時間を過ごすようになって、体と心のケアをすることが重要です。そして、私たちの多くにとって、在宅勤務が新たなルーティンとなっています。医療従事者のみなさまや社会にとって必要不可欠な仕事に従事するみなさまへ、深く感謝しています。今の状況は、なにが一番大事なことなのか、そして消費行動についても考える機会を与えてくれます。家族や友人たちと繋がっていることが、何よりも大切なことと思います。

HANROのアイテムで皆さんに寄り添うことができたら。私たちは、高い品質基準を追求したり、心地よさをお届けすることに決して妥協することはありません。どうぞお気をつけてお過ごしください。
ステファン・ホーマン HANRO CEO」

肌に触れるものだから、こだわりたいアンダーウェア。ハンロのアイテムは、全国の百貨店やワコールWebストアで販売されています。着心地の良いインナーウェアをくつろぎタイムのお供にどうぞ。

HANROのロゴ入りトートバッグ(非売品)を3名様にプレゼント

応募はこちら

HANRO
ワコールお客様センター
TEL/0120-307-056
www.wacoal.jp/import/hanro/

Text: Yukiko Shinto

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなどあらゆるジャンルに幅を広げるべく猛進中。Numero.jpの連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当。スイーツ全般を愛し、なかでもパフェに熱狂的。

Recommended Post

Magazine

ec

OCTOBER 2020 N°140

2020.8.28発売

Oneness

つながって、つながって、生まれる

オンライン書店で購入する