Fashion / Editor's Post

ドル札ドレスが話題のKota Okudaポップアップへ

リアーナに、マイリー・サイラス、カーディ・B、ニッキー・ミナージュ。そうそうたるディーバの皆さんが熱望するドレスを作った、日本人デザイナーをご存知ですか。

インスタで見たことがある人も多いと思います、こちらのピース。

2018年にパーソンズ卒業時に発表したこのコレクションで一躍スポットライトを浴び、セレブからの問い合わせも絶えない注目クリエイターに!

セントラル・セント・マーチンズ在学時には、デザイナーの登竜門「ITS」のジュエリー部門でグランプリを受賞し、そのときは本当にぶっ飛んだジュエリーを作られてました。人工衛星みたいなブレスレットだったり、スカルプチャーみたいなヘッドピースだったり、ジュエリーの概念を覆す規格外のイマジネーションに度肝を抜かれたのでした。(※その作品の一部はこちらから見られます)。

その後だいぶウェアラブルなジュエリーを製作されていましたが、気がついたら日本のジュエリーブランドとコラボしていたり!

そんな国内外で活躍中の浩太くんが、東京に帰って来ているので会いに行って来ました。すでに終わってしまいましたが、代々木上原のセレクトショップ「12XU」で開催されていたポップアップへ。

1ドルドレスのコンセプトはそのままに、デイリーウェアに落とし込んだTシャツやロングT、バッグやアクセサリーなどがありました。Tシャツにペラっとついた紙幣はなんと暖簾の素材で作られているのだそう。とても丈夫。1ドルをかたどったスワロフスキーは全部で2,600個使用しているのだとか。1ドルだけど、超贅沢!というシャレがきいてます。

一つ一つ手作業で仕上げたペニーのベスト。右側と左側それぞれ1ドル分、合計2ドル!なんだとか。もはやお金の価値がわからなくなってきますね。

ちなみに紙幣は本物とは違うデザインにしているので、偽造罪にはならないそうです(笑)。ユーモアがあって大胆で、セレブたちを虜にする理由がわかります。

今週末12月21日(土)・22日(日)にはラフォーレ原宿のGR8で、ポップアップをオープンするそうです! また12XUとは違った見せ方にするそうなので、ぜひ気になる方は遊びに行ってみてください〜。

浩太くんこれからも楽しみにしてまーす!!

Kota Okuda
www.kotaokuda.com/

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなどあらゆるジャンルに幅を広げるべく猛進中。Numero.jpの連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当。スイーツ全般を愛し、なかでもパフェに熱狂的。

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する