Food / Editor's Post

食べられて、絵も描ける! 夢のクレヨンチョコレート

先日編集部に素敵なギフトが届きました。カラフル&グラフィカルで何やら楽しげなボックスを開けると…。

目にも楽しい8色のスティックがセットされていて、まるでクレヨンの箱のよう。なんだか童心をくすぐられます。開けた瞬間から甘〜い香りが漂って…。はい、ご想像のとおり、これはチョコレートなんです! シンガポール出身の女性が手がけるパティスリー「Janice Wong」のもので、その名もズバリ「Chocolate Crayons」。

ライスペーパーと小さなキャンバスが入っていて、このクレヨンチョコで絵を描けちゃう!という、お子さまも大喜びに違いない楽しいスイーツです。

しかも、チョコに装着できるシリコンホルダーが付いていて、手が汚れずに描ける気の利きよう。

味もユニークで、パッションフルーツ、オレンジ、いちご、ぶどうなどのフルーツの他、ペパーミントやスモークなど一風変わったフレーバーもあります。

Janice Wongといえば新宿のNEWoManにお店がありましたが、今年の7月に残念ながら閉店していた模様。こちらはシンガポールとオンラインでしか入手できない、なかなかのレアな代物です!

おいしくて楽しい、サプライズたっぷりの手土産は、ここぞという特別なときにぜひ!

 

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなどあらゆるジャンルに幅を広げるべく猛進中。Numero.jpの連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当。スイーツ全般を愛し、なかでもパフェに熱狂的。

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する