肉と魚どちらも楽しめる「SURF&TURF RUSTEAKS」@六本木 | Numero TOKYO
Food / Editor's Post

肉と魚どちらも楽しめる「SURF&TURF RUSTEAKS」@六本木

広尾にあるステーキハウス「RUSTEAKS」の姉妹店、「SURF&TURF RUSTEAKS」が2022年10月18日(火)GEMS六本木にグランドオープンしました。GEMSといえば都内あちこちにグルメなビルを建てていますが、ここは六本木ということもあり大人な隠れ家風エントランスが特徴です。



シックで落ち着いた内装の店内は、全部で34席。4名の個室も4室あり、そちらではなんとペット同伴やお子様連れもOKという懐の広さ!

個室
個室

さらに、食事はコースはもちろんアラカルトでも、食後に立ち寄ってデザートと食後酒を嗜んだり、バー感覚で……などの利用も大歓迎だそう。いろいろな使い方ができそうです。

サーフ&ターフ
サーフ&ターフ

店名の「SURF&TURF」とはズバリお肉とお魚のこと。どちらも専門店がありますが、こちらでは両方が味わえるのが魅力。しかもハイクオリティ&マニアックなメニューです。

この日は、気仙沼産メカジキのグリルに、蛤のパイ包み、ニュージーランド産純血アンガスビーフリブアイの炭火焼をいただきました。添えてあるのはバニラ風味サフランソースと赤ピーマンのソースです。

いろいろな品種を交配させ改良されるお肉ですが、ピュアな純血アンガスのヴィンテージビーフを使用。とても柔らかいのですが、ぎゅっと締まっている感じもあり、脂ののり方も絶妙でした。メカジキもおいしい〜。

島根穴子の白焼き 山椒ピラフとスモークマッシュルームソース
島根穴子の白焼き 山椒ピラフとスモークマッシュルームソース

こちらもおいしすぎて悶絶した一品! 穴子をほぐして全体を混ぜ混ぜしていただきます。炒飯でなくピラフというのが、珍しい! ふっくらした穴子の白焼きに、実山椒の刺激、薫製マッシュルームの白ワインソースがきいています。ぜひお試しあれ!

カーペットバックチキン
カーペットバックチキン

ただの手羽元と思いきや、オイスターとソテーしたマッシュルームが詰まったカーペットバックチキン。旨味がすごいです。肉と魚介の融合。

フランジェリココーヒーゼリーフロート
フランジェリココーヒーゼリーフロート

デザートのコーヒーゼリー。細かくクラッシュされたリキュール入りコーヒーゼリーにバニラアイスを添えて、お好みでクリームを。これが甘すぎず〆にぴったり。いつもはつい甘いケーキを食べてしまうんですけどね。

ミルクフェッドラム
ミルクフェッドラム

他にも、乳のみを飲んで育ったニュージランド産ミルクフェッドラムも提供。お肉と魚の欲張りスタイルを、ぜひ六本木でお楽しみください!

SURF&TURF RUSTEAKS
住所/東京都港区6-2-6 GEMS六本木 3F
TEL/03-6434-9010
営業時間/11:30〜15:00(L.O.14:00)
17:30〜23:00(L.O.21:30)
URL/www.entrecote.rusteaks.jp/

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する