たった15分。酵素風呂で新しい自分に生まれ変わる!【#私の土曜日16:00】 | Numero TOKYO
Beauty / Editor's Post

たった15分。酵素風呂で新しい自分に生まれ変わる!【#私の土曜日16:00】

一歩外に出るだけでじんわり汗ばむような真夏日が続いています。冷房のきいた部屋に冷たい飲み物の組み合わせは天国……なのですが、自覚がないうちに身体が冷えていることも。夏こそ温活!ということで酵素風呂を体験してきました。

「発酵温浴nifu」は女性専用の酵素風呂専門店。きっとご存知の方も多いと思います。都内では新宿三丁目、清澄白河、吉祥寺、六本木、目黒、学芸大学と計6店舗展開しており、私は吉祥寺店に伺いました。



まずはカウンセリングからスタート。冷えを改善したい、シミ・シワが気になる、全身の疲れを取りたい……など、肌や身体の悩みをスタッフさんに相談し、その日のメニューを決定します。私は眼精疲労におすすめの「疲労解消入浴」(¥5,830)を選択。オプションで「よもぎフェイスパック」(¥1,760)、顔全体をおがくずで覆い血行促進する「お顔ほっこりパック」(¥1,100)もプラスしました。



温浴に入る前に、生姜や唐辛子を使ったお茶と丹生酵素をいただきます。丹生酵素はプルーンのような味わいで、58種の野菜、果物、和ハーブなどから抽出したエキスが含まれている植物性発酵食品だそう。



メイクを落とし、紙のブラとパンツに着替えシャワーキャップを着けたら入浴です。電気やガスを使わず、自然の力でこんなに温かいとは! オガクズは林業で有名な奈良県吉野のヒノキに米ぬかをブレンドしたもの。まさに自然のベッドですね。キメの細かいパウダー状で、サラサラとした感触。米ぬか独特の匂いもありません。浴槽に横になったら、オガクズを満遍なく身体全体にかけていただき、身が埋もれていきます。じんわりと汗が出てきて、心地よい暑さ。よもぎフェイスパックを顔に塗っていただき、耳や顔までオガクズで覆われました。



シュールな光景ですが、オガクズに包まれている図。滞在時間90分のうち、酵素入浴の時間は15分。サウナで15分はキツいけれど、これなら耐えられる! スタッフさんも近くにいるので何かあったときにも安心です。12分ほど経ったところで、上半身を起こし半身浴にしてもらいました。ふーっ、ただ寝ていただけなのにマラソンを走ってきたかのような達成感が! お水がおいしい……。



シャワールームでオガクズを洗い流すとき、自分の肌に触れてびっくり。しっとりすべすべで、なんだかハリのあるような感じです。フェイスパックをした顔もトーンが明るくなったような? 早速出た効果に喜びながら、作務衣に着替えて休憩室へ。あぁ、扇風機の風が気持ち良い。マッサージチェアに座りながら、ドリンクをいただきます。



「蔵元のこうじ」、「酵素ドリンクのシークワーサー割」、「黒糖生姜シロップドリンク割」など気になるメニューがありましたが、「蔵元のこうじ豆乳割」(¥528)にしました。甘酒の自然な甘みと豆乳がまろやか。塩昆布と梅干しでミネラルと塩分もチャージ。



その日はずっと身体がぽかぽか。たくさん汗もかいてデトックスでき、スッキリ生まれ変わったような気分になりました。これならまた行きたい! 有効期間に合わせたお得な回数券もあるので、定期的に通えたら最高です。1ヵ月に1回の割合で通うのでも十分だそう。特別な日の前日に駆け込むのも良いですね。

発酵温浴nifu 吉祥寺
住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目10-10 Faro ビル4F
TEL/0422-27-2278
URL/nifu.jp/kichijoji/

発酵温浴nifu
https://nifu.jp/

連載「私の土曜日16:00」をもっと読む

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

MARCH 2024 N°174

2024.1.26 発売

Tokyo, My Love

トーキョー再発見!

オンライン書店で購入する