Food / Editor's Post

カカオの葉や枝を使用!? 廃材から生まれた新しいスイーツ「ECOLATE」誕生

疲れたとき、リラックスしたいとき…私たちの生活に欠かせないチョコレート。その生産背景にあるさまざまな問題に焦点を当てながら、新しい美味しさを追求するチョコレート「ECOLATE(エコレート)」がデビューしました。

不動産などでおなじみの「LIFULL」の飲食事業「LIFULL Table」が展開する「地球料理 Earth Cuisine」の第3弾として発表されたこのプロジェクト。みんな大好きなチョコレートの原料であるカカオには、農家の貧困化、児童労働、環境破壊などさまざまな課題がのしかかっています。そんな問題にスポットを当てるべく、本来なら廃棄されるチョコレートの廃材を使った新しいスイーツがECOLATEです。

ECOLATE CARRE(エコレート カレ)
ECOLATE CARRE(エコレート カレ)

こちらは、なんとカカオ豆の殻(写真右)、カカオの枝(中央)、カカオの葉(左)を使った「ECOLATE CARRE(エコレート カレ)」。手がけたのは「SUGALABO」「THIERRY MARX」などの名店で活躍されたパティシエの江藤英樹シェフです。カカオマスやカカオバターを一切使わずに、葉や枝など捨てられるはずの部分を使った驚きのスイーツ。

早速いただいてみると、枝や葉の繊維を感じる新食感! ココナッツオイル、砂糖、廃材のみで仕上げたそう。これはシェフにとってもかなり難しい経験だったそうで、1%配合が違うだけでまったく別のものができたのだとか。「素材のもつ力を感じましたね」と江藤シェフ。

ECOLATE TABLETTE(エコレート タブレット)
ECOLATE TABLETTE(エコレート タブレット)

もう一つは、カカオの殻を33%を使いながらチョコレートらしさを追求したタブレット「ECOLATE TABLETTE(エコレート タブレット)」。タイのチョコレートブランド「Kad Kokoa」とコラボしたボンボンショコラも好評の、チョコレートのエキスパートである上妻正治シェフが開発しました。

ポリフェノールたっぷりで渋みの強いカカオの殻を、いかにチョコレートらしく美味しくするかという課題に取り組んだと言います。通常より1.5倍の甘みを感じる果糖やまろやかにさせるきび糖、ココナッツオイルを使っているそう。ジャリジャリっとしたような舌触りが印象的で、ほんのり酸味と香ばしさを感じる味わい。チョコレートが溶けたようなかたちも、見た目からチョコレートらしさを表現しています。冷蔵庫で1週間ほど寝かせると、馴染んでさらに美味しくなるそうですよ!

チョコレートの新領域に挑戦したECOLATE。シェフたちの努力が結実した新しいスイーツを、ぜひ味わってみてください。現在「LIFULL」のECサイトより予約受付中です。

ECOLATE TABLETTE(エコレート タブレット)¥1,760(税込)
ECOLATE TABLETTE(エコレート タブレット)¥1,760(税込)

ECOLATE CARRE(エコレート カレ)¥2,200(税込)
ECOLATE CARRE(エコレート カレ)¥2,200(税込)

ECOLATE
URL/https://table.lifull.com/earthcuisine/ecolate/

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当している。スイーツ熱がますます高まり、夢はお菓子ブランドを作ること。

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する