225
Beauty Editor's Post

色づきながら唇ケア
カレンマレルのリップバーム&リップスティック

beauty karen murrell

 

「目指すは石原さとみさんみたいな潤いぷっくり唇」 そんなスローガンを掲げて日々過ごしていますが、生まれ持った唇の形はそう簡単には変わりません。ですが、ケアすることによってその質感は変わりますよね。潤いを与えて質感だけでも石原さんに近づけるようにと、唇に優しいケアアイテムを探していたら見つけました。ボックスのパッケージが可愛いこちら。

ニュージーランド発のナチュラルブランド「カレンマレル(Karen Murrell)」のリップスティックです。今年日本上陸したばかりのブランドで、都内ではイセタン ミラー メイク & コスメティクスで手に入ります。このブランドを手がける女性、カレンさんは「唇に触れるものには何一つ不快なものは使いたくない」と、食べものを扱う精神に近い考え方でコスメと向き合っている方。天然由来の成分へのこだわりが特徴で、アボカドオイル、イブニングプリムローズオイル、カンデリア、カルバナワックス、シナモン、スイートオレンジアなどなど、ナチュラルな成分が口元を彩りながらケアしてくれるんです。

口紅は全20色。ベースにもグロスにもなるリップバーム「モイスチャー スティック」とリップカラーの組み合わせがおすすめです。写真はロマンティックなピンク色「カーネーションミスト」と、発光しているかと思うほど鮮やかに着色するレッド「トゥルー ラブ」(各2,592円)。ケミカルな着色料など一切つかっていないナチュラルなのですが、しっかり色づいてくれるのが嬉しいです。カレンマレルさん、アイテムはもちろんなのですがそのアイデンティティが詰まったInstagramの投稿も見どころのひとつ。ピンクから赤のグラデーションと美しいフラワーアレンジメントに胸が踊ります。

https://instagram.com/p/BLq-ND7AM-6/?taken-by=karenmurrellnz

https://instagram.com/p/BKtcljDgdVV/?taken-by=karenmurrellnz

https://instagram.com/p/BGKZsutlaOM/?taken-by=karenmurrellnz

https://instagram.com/p/BEZXL0dFaPY/?taken-by=karenmurrellnz

https://instagram.com/p/BFUSMgRlaHa/?taken-by=karenmurrellnz

リップカラーもファッションの一部。女性としての愉しみが詰まっています。

Profile

新村有希子(Yukiko Shinmura)ウェブ・エディター、エディター。服飾専門学校卒業後、『MilK japon』編集部でキッズファッションのスタイル提案とビジュアル製作を経験し2012年より女性誌へ。『Numero TOKYO』ウェブサイトのディレクションと本誌編集に携わる。服や人、本や映画を切り口にした東京カルチャーのトレンドを配信中。野口強の『最近どうよ?』、米原康正の『東京文化人類学』、峰なゆかの『ふんいき美人ちゃん』などの連載を担当。「mame」に恋して6年目。休日の愉しみは古着屋巡り。

Recomended Post