エディター発 モードな事件簿「コロナ禍で沸く、 ロレックスブーム」 | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

エディター発 モードな事件簿「コロナ禍で沸く、 ロレックスブーム」

小誌エディターの気になる最新トレンドや撮影の裏話まで、鋭い視線を盛り込んだトピックスをお届け!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年7・8月合併号掲載)

コロナ禍で沸く、ロレックスブーム

西海岸系ヤングセレブの間で人気なのが、重厚感あるゴールドのロレックス。贅沢に日常使いするのがステイタス。「デイトジャスト 36」(オイスタースチール×YG)¥1,232,000(参考価格) 日本ロレックス 03-3216-5671
西海岸系ヤングセレブの間で人気なのが、重厚感あるゴールドのロレックス。贅沢に日常使いするのがステイタス。「デイトジャスト 36」(オイスタースチール×YG)¥1,232,000(参考価格) 日本ロレックス 03-3216-5671


コロナによってさまざまな自粛が余儀なくされた中、自然に物欲も控えめになった今日この頃。そんな一般的な世間の流れとは真逆に、コロナ禍でも売り上げを好調に伸ばしているのが、高級時計や高級車などの高額商品。時計では特にロレックス人気が沸騰中みたい。

理由のひとつとして挙げられるのが「大幅なデザイン変更をしない」という点らしく、アンティーク品の価値も高騰しているよう。資産価値が下がりにくいというタイムレスな魅力は、この時代に必要不可欠。私もいつかはゴールドの「デイトジャスト 36」を腕に輝かせたい! そう考えるだけで力がみなぎります。

「モードな事件簿」をもっと読む

Profile

岸本佳子Yoshiko Kishimoto コントリビューティング・ファッション・エディター、スタイリスト。ロンドン留学でファッションを学び、帰国後『Numero TOKYO』に参加。本誌にてファッションストーリーを担当するなどファッションエディターとして活動するほか、フリーランスのスタイリストとして雑誌や広告、そしてCMの衣装なども手がける。プライベートでは「well-being」なライフスタイルを心がけている。現在、シャンパンとワインを勉強中。
Instagram: @yoshico_kishimoto

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する