Food / Usagi Recipe

usagi bon ごはん recipe.52 おからを纏ったホタテ貝のソテー

アーティスト河原シンスケがプロデュースする「usagi」監修の、レストラン「Univers S.」シェフ今平慎太郎の料理をわが家に。旬の食材や一皿にまつわるエッセイとともに送る、五感で楽しむビューティフードの秘伝レシピ連載。第52回は、おからを纏ったホタテ貝のソテー。

ホタテ貝を鶏肉に変えても、おからが旨味を吸収して美味しく食べられますよ!

【材料】 4人分
ホタテ貝 8個
ニンニク 4片
オリーブオイル 大さじ3
おから 30g
三つ葉又はセリ 少々
精製していない塩 
胡椒 少々

【作り方】
1. ニンニクはみじん切りにする。
2. ホタテ貝は縦半分に切る。
3. テフロンパンにオリーブオイルを入れ、1のニンニクを弱火で炒め香りを出す。
4. 3に2のホタテ貝を強火で焦げ目をつけ、おからを入れ、塩胡椒して味を整える。

ホタテとおから

何々風ってとことん嫌い。

本物が好きだ。桂離宮。美しいだけでなく魂が入っているのに重くなく軽やか。何々風って本物のコピー? えっ? そんなの最低大嫌いだ。楊枝一本でも美しい一本はそれだけでもセクシーな黒文字になったりする。そこには愛情があり、思い入れがあるから。美味しいものには愛情が宿っている。

美味しいトマトは、作った人の愛情がたっぷり入った苦労と工夫、かかった時間がそこに存在しているから切るだけでも美味しい。そして美味しいものを人の知恵でもっと美味しくするには、そうしたい欲望と愛情があるからに決まってる。

貝は殻の中でじっくり美味しく育っていく。ホタテもそんな一つ。時間が美味しくしてくれる。インスタントじゃない味。知恵が加わると人生も一つのレシピも面白くなっていく。

ホタテとおから。おかしな関係。時として男と女も同じ、周りから見たら理解不可能な二人がチグハグな様でピッタリしっくり来てる事もある。新しいホタテとおからの関係をどうぞ!

他のレシピもチェック!

Art Work & Text:Shinsuke Kawahara Photo & Food Direction:Shintaro Imahira Edit:Chiho Inoue

Profile

河原シンスケShinsuke Kawahara 80年代初頭よりパリを拠点に活動するアーティスト/クリエイティブディレクター。エルメス、ルイ・ヴィトンやバカラをはじめ、数々のブランドや雑誌とのコラボレーションでも知られている。(Photo: Keiichi Nitta)
今平慎太郎Shintaro Imahira 1974年、北海道出身。旭川、札幌のホテルで修行を積み、2014年札幌国際芸術祭のガラディナーで河原シンスケと初コラボレーション。17年の「usagi tokyo」立ち上げのため、上京しシェフに就任。19年2月札幌にレストラン「Univers S.(ユニヴェール エス)」をオープン。Instagram/@univers.s.2019(Photo: Ayako Masunaga)

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する