37
People Talks

永瀬正敏インタビュー「ジャームッシュからの最初のプレゼントはノート」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。vol.37は俳優、永瀬正敏にインタビュー。

Photos:Kohey Kanno
Styling:Yasuhiro Watanabe
Hair & Makeup:Katsuhiko Yuhmi
Interview & Text:Naoto Mori
Edit:Sayaka Ito

talks37_01

俳優・永瀬正敏が日本人旅行者の詩人を演じたアメリカ映画『パターソン』は、『ミステリー・トレイン』以来、27年ぶりに出演したジム・ジャームッシュ監督の作品だ。この米インディーズ映画界の名匠との特別な絆、さらにプライベートや写真家としての活動まで話を聞いた。

27年前と変わらないジャームッシュ

──今回の『パターソン』の役は永瀬さんの当て書きだったそうで。

「有難いですよね。ジャームッシュから突然、『君をイメージして書いたんだ。もしよければやってもらえないだろうか』っていうメッセージが送られてきて」

──久々に監督からラブコールを受け、いかがでしたか?

「最高に嬉しかったですよ。また新作に呼んでもらえるとは思ってなかったから。まあ友人関係というか、私的なつながりはずっと切れていなかったですけど。僕としては、それだけで嬉しかったから」

──ジャームッシュ監督とはプライベートで交流は続いていたんですね。

「ええ。僕がアメリカに行った時とかには連絡してみたりとか。ただ撮影前はちょっと会えてなかった時期が続いていたので」

──27年前はジャームッシュもまだ30代半ばでした。今は60歳を越えてますが、写真とか見る限り全然変わらない印象です。

「確かに不思議なくらい全然変わってないんですよ。相変わらずめちゃめちゃいい人だし。この世知辛い時代にね、『パターソン』みたいな映画を出してくるところが、とってもジャームッシュらしいなって。やっぱり数ランク上の監督さんだなと思います。だって劇的な事件とか、何も起こらない映画ですから。本当に淡々とした日常を描いているだけで、クスッと笑えるところがあったり、ハートウォーミングなところもあって、それでいて何か特別なものを感じる。それをひとつの作品としてまとめ上げる力って、いちばん難易度が高いんじゃないかな。さらっと観れちゃうけど、実は奇跡みたいな映画ですよね」

──作風も初期から基本的に変わらないですね。

「キャラクターにみんな人間味があって、チャーミングに描かれている。それはきっと、演者ひとりひとりにちゃんと愛情を持って撮っているからだと思います」

──舞台のニュージャージー州パターソン市には初めて行かれました?

「ええ。自分の撮影は1日だったんですが、ジャームッシュが撮影の前に会いたいって言ってくれたので、何日か前に入ってロケセットまで会いに行って。撮影が終わってからも一週間くらいロングステイさせてもらいました」

──久々のジャームッシュ組の現場はいかがでしたか?

「やっぱりまったく変わらないですね。愛情たっぷりの現場で、そこから帰りたくなくなるような、良い意味ですごくリラックスした空気が流れているんです。特にカメラマンのフレデリック・エルムズさんは、僕が若い頃に好きだった映画をたくさん撮ってらっしゃる人で。ジャームッシュと彼のタッグも大きな楽しみのひとつでした」

とらわれた宇宙人になった記念写真

Profile

永瀬正敏(Masatoshi Nagase) 1966年7月15日生まれ。宮崎県出身。相米慎二監督『ションベン・ライダー』(83)で俳優デビュー。89年にジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』に出演。林海象が総合監督を務めた「アジアン・ビート」シリーズ最終回の「アジアン・ビート(香港編)オータム・ムーン」は、92年ロカルノ国際映画祭でグランプリを受賞。『コールド・フィーバー』(95)、『KANO 1931海の向こうの甲子園』(14)など海外の映画にも多数出演。主な映画出演作に『息子』(91)、『学校Ⅱ』(96)、『隠し剣 鬼の爪』(04)、『毎日かあさん』(11)、『64ロクヨン』(16)、『光』(17)など。

Recomended Post