33
People Talks

柄本時生インタビュー「最近、ベースを始めました」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.33は俳優、柄本時生にインタビュー。

Photos:Yuji Nanba
Styling:Emiko Yano
Interview&Text:Miho Matsuda
Edit:Masumi Sasaki

et-626

ひとクセもふたクセもある役柄をさらりと演じ、観るものに強い印象を残す俳優・柄本時生。彼が、8月13日から篠山輝信らと共にドイツで話題のロードムービー風舞台『チック』に出演、14歳の少年チック役を演じる。現在、27歳の等身大の彼を探るべく、少年時代の思い出や、演技、オフの日の過ごし方について聞いた。

「俺って何もできねえんだな」と再確認する舞台

──8月からの舞台『チック』では14歳の少年・チックを演じますが、27歳の今、少年役を演じることでどんな役作りを?

「日本人の少年役だったら違和感があるかもしれないけれど、彼はロシアからの移民でアジア系という背景なので、あまり深く考えていないんです。それは僕が実際にそういう14歳の少年を知らないから。それに昔から、役作りらしいものはしていないんです。例えば、小説を読んだときに、誰でも頭の中にセリフが流れますよね。そんな風に台本から感じたものを、稽古で演じてみて、それから演出家やスタッフの皆さんと調整していくというやり方です」

──舞台は、映画やドラマとは違いますか?

「舞台は、他人様に見られることは恐ろしいことなんだと再確認する場所です。映画の撮影でもたくさんのスタッフに見られているけれど、でも一緒に弁当を食べて喋る身内のような人たちです。舞台の本番は、お客さんが観るわけですからね。毎回、思うんですよ。舞台の上で平気な顔して演じているけど『今、こんな風に見られてんのかな』と気にしている自分が恥ずかしい。それを再認識するのが舞台です」

──舞台を体験することで、ご自身の中にどんな変化があるんでしょうか。

「調子に乗っちゃダメだな、俺って何にも知らねえんだなと思い知らされるというか。舞台でも映画でもそうですけど、現場からの帰り道に『できなかったな』と思うことが多いです」

『スタンド・バイ・ミー』を観て井の頭線を歩いた思春期

Profile

柄本時生(TOKIO EMOTO) 1989年生まれ、東京出身。2003年映画JamFilm S『すべり台』(2005年公開)のオーディションに合格しデビュー。その後、数多くの映画やドラマなどで活躍する。近年、出演した舞台は『イニシュマン島のビリー』(演出:森新太郎)『ラブ・レターズ』(演出:青井陽治)『ゴドーを待ちながら』(演出:柄本明)『わらいのまち』(作・演出:宅間孝行)など。今年は映画『花筐』、『彼女の人生は間違いじゃない』、『増山超能力師事務所〜激情版は恋の味〜』の公開、舞台『関数ドミノ』『流山ブルーバード』の出演を控えている。

Recomended Post