中野裕太インタビュー「ラブストーリーのほうがじつは僕、得意なんです」 | Numero TOKYO - Part 2
People / Interview

中野裕太インタビュー
「ラブストーリーのほうがじつは僕、得意なんです」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。Vol.31は、俳優、中野裕太にインタビュー。

5B1A5051
5B1A5051
先の見えないトンネルにいる感覚は、今も続いてる ──今回のような役どころは今までなかったですが、この役が決まった経緯は?  『ウロボロス〜この愛こそ、正義』というドラマに出演していた時に、この映画の関係者から「ぴったりの役があるんだ」と声をかけられました。それも10分くらいで決まったので、あまりの速い展開に自分でも実感がわかなくて。監督と会って原作もらって読んで。モギさんとリンちゃんご本人と上野でコーヒー飲みながらいろいろ話して。でも、「本当にやるんだ」という実感がわいたのは、台湾での衣装合わせの時かな(笑)。 ──ほんわりした恋愛モノ、中野さんにとってはどうですか? 新鮮? どちらかというと、僕はこっちのほうが得意なんです。この顔だちで、語学ができるとかバラエティ時代のキャラクターもあってバイアスかけて見られがちだけど、素の僕は特殊な人間でもないから。エキセントリックな役のほうがむしろ苦手(笑)。ものすごく頑張って役づくりしている感じです。 ──ちょっと意外です。30歳で生まれ落ちたその後の人生は今、どんな感じですか? うーん。自分の中ですべてのことが定まっているわけではないです。今年の秋で32歳になりますが、この1年は迷いながらやってきた感じ。でも、最近は作品にも恵まれて、中国、ポルトガルと海外から声をかけられることが続いています。海外の作品に出て…と言うと派手に聞こえるかもしれないけど、生活自体は地味です。先の見えないトンネルにいる感覚っていうのはずっと続いていて、いきなり光が差して、「こっちおいでよ!」って言われる感じ。 ──不安もありますか? 不安だらけですよ。不安とストレスと我慢と根性と辛抱と努力と(笑)。それが基本です。

家に帰ってお湯が出るだけマシ

Photos:Kenji Yamanaka
Interview&Text:Atsuko Udo
Hair&Makeup:Aiko Ono
Edit:Masumi Sasaki

Profile

中野裕太(Yuta Nakano)1985年、福岡県生まれ。演技を今井純氏に師事。2013年にGAS LAWを結成。映画『もうしません!』主演のほか、『遠くでずっとそばにいる』『新宿スワンII』などに出演。主演をつとめる日台共同制作作品『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』(通称:ママダメ)が、2017年5月27日より公開、台湾では6月16日より公開予定。粗野で繊細。聡明で阿呆。太陽と一緒になった海。蕾。非常に矛盾しているが、それでいて素直な人。

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する