26
People Talks

宮本浩次(エレファントカシマシ)インタビュー
「デビュー30年、やっぱりバンドが一番」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.25はエレファントカシマシのボーカル・ギター、宮本浩次にインタビュー。

Photos:Kazuharu Igarashi
Interview&Text:Miho Matsuda
Edit:Masumi Sasaki

01

エレファントカシマシ48枚目のシングル「夢を追う旅人」がリリース。“さあ行こうぜ どでかい明日へ”とポジティブでストレートなメッセージに込めた想いとは? 古地図、中国茶、建築など多趣味なことでも知られるミヤジこと宮本浩次にクリエイションの背景にある日常や、最近ハマっていることについて聞いた。

壮大な夢より、実現可能な夢へ

──今回のシングル『夢を追う旅人』は“夢”という言葉がストレートに使われています。先日50歳を迎えられたわけですが“夢”という言葉に対する思いに変化はありましたか。

「僕の場合、若い頃は“夢”という言葉が気恥ずかしくて、ほとんど使いませんでした。小学生の頃、例えば、新幹線やトラックの運転手、テレビの司会者になりたかったわけなんだけれども、それも“夢”というよりは、拍子で言っていたんじゃないかな。若い頃は、壮大なものを無理だとわかっていて追いかけていたけれど、今はもっと実現可能なところに手を伸ばしたい。今回のシングルは、明治の企業CM曲なんですが、それに登場するアスリート(レスリング・登坂絵莉選手)は尋常ならざる実力の持ち主なんですね。さらに信じられないほどの努力をして、オリンピックで見事、金メダルを取りました。実現可能なものに向かって努力をすることは “夢”という言葉が当てはまる気がします。僕らの場合はこの曲のヒットが“夢”です。そういう意味でも、今は本当の意味での“夢”を見ているのかもしれません」

──ストレートで力強い歌詞ですが、言葉に対する意識の変化は?

「言葉について特に意識していないのですが、今はシンプルに歌おうと思っています。生活もだいぶシンプルになりました。タバコを止めて、毎朝約1時間かけて体操をしています。30代前半までは、タバコを1日に100本200本吸ったり、コーヒーを30杯40杯飲んだり、食事の後でもポテトチップス2袋食べるなど、わかりやすく体に悪いことをして裏声が出にくくなっていたのですが、今はたとえば『珍奇男』という裏声を駆使する曲では裏声が出るようになりました。今最近はジューサーでほぼ毎朝野菜ジュースを作るのが楽しみで。腹筋運動も2年続けていたらちゃんと筋肉がつきました。継続すると体に変化があるんだと実感しています」

生活も音楽も
ストレートに

Profile

宮本浩次(Hiroji Miyamoto)1966年、東京生まれ。エレファントカシマシのギター・ボーカル、作詞・作曲担当。81年、中学・高校の同級生だった石森敏行(Gt.)高緑成治(B.)冨永義之(Dr.)とともにバンドを結成、88年、『THE ELEPHANT KASHIMASHI』でデビュー。以来、「悲しみの果て」「今宵の月のように」を始め多くのヒット曲を生み出す。2012年体調不良につき1年間活動休止。翌年、復活し活動再開。8月3日、最新シングル「夢を追う旅人」リリース。9月に日比谷野外大音楽堂、10月にツアーを予定している。

Recomended Post