Edgar Wright / エドガー・ライト | Numero TOKYO

Edgar Wright / エドガー・ライト

Edgar Wright(エドガー・ライト)

1974年生まれ、イングランド・ドーセット出身。少年時代から友人と共にSUPER 8カメラで映画を撮り始め、20歳のとき、予算ゼロの西部劇『A Fistful of Fingers』(95)を制作、限定ながら劇場公開もされた。同作をきっかけにTVの世界に入り、シットコム『Spaced(原題)』(99~01)を演出。盟友サイモン・ペッグ&ニック・フロストとのコラボレーションは同番組から始まった。2004年の『ショーン・オブ・ザ・デッド』を皮切りに『ホットファズ ―俺たちスーパーポリスメン!―』(07)、『ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!』(13)の3部作を発表。2010年には『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』を監督。2017年の『ベイビー・ドライバー』はアカデミー賞3部門、英国アカデミー賞(BAFTA)2部門にノミネートし、編集賞を受賞。キャリア初のドキュメンタリー作品『The Sparks Brothers(原題)』(21)が公開待機中。次回作は『バトルランナー』(87)をリメイクする『The Running Man(原題)』。

【2021年12月9日更新】

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する