01
Beauty Item

黒、ダークブルー…ベーシックなアイライナーをひとひねり

ジル スチュアート
ジル スチュアート

2018年春夏のビューティーのトレンドは、クリーンが鍵。デイリーにも活用できるランウェイのエッセンスを上手に取り入れて、今すぐなりたい旬顔に!(「ヌメロ・トウキョウ」2018年4月号掲載


ロシャス

アイゾーンに落書きするみたいに、自由な感覚でラインを入れる個性的なグラフィカルなアイラインは、黒やブラウン、ブルーなどのベーシックカラーだと日常にぐっと落とし込みやすい。小鳥のくちばしのような黒いアイライナーで遊び心を出したロシャス、少しオーバー気味な黒のアンダーアイライン×スイートなフラワープリントのファッションというギャップを楽しんだジル スチュアートなど、この春夏はアクセサリー感覚でアイライナーに挑戦して。

224_01
224_01

<左から右に>
先端が車輪状になったローラータイプのアイライナー。スルスルと均一な太さのラインを簡単に描くことができ、 目元のデザインも思いのまま! ウォータープルーフタイプ。ラ プティット ローブ ノワール ロールインク ライナー 01 ¥3,700/Guerlain(ゲラン 0120-140-677)

デリケートな目元に優しいボタニカル処方で人気のアイライナーがウォータープルーフへと進化。チラチラと瞬く繊細なラメが、印象的な目元を演出。ブラウ ンがかったスパークリングブラック。フィト コール スター N No.1 ¥5,200/Sisley(シスレージャパン 03-5771-6217)

繊細なブルーパールで、ニュアンスを帯びた深みのあるダークなブラック。柔らかな描き心地&ウォータープルーフ処方でインサイドライナーにも最適。サパーブ アイライナー ペンシル 06 ¥2,200/Dazzshop(エステティクス 0120-952-438)

黒やダークブルーのベーシックカラーとのダブルライン使いで、日常に取り入れたい煌めくゴールド。目頭だけを彩ってアクセントにしても◎。リキッドクチュールアイライナー No.9 ¥4,200/Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン・ボーテ 03-6911-8563)

Photo:Maya Kajita Runway Photos:Aflo Edit&Text:Hisako Yamazaki

Recomended Post