Beauty / Feature

鈴木えみ × 田中杏子 対談「輝き続ける秘訣とは?」

多くのベストセラーを生み出したルナソル(LUNASOL)が今秋モードに進化。新たなコレクションである“ILLUMINATING COLOR GLOW”が2019年8月16日(金)に誕生。ブランドリニューアルを記念し、体験型のイベント“LUNASOL The STAGE”が表参道にて開催された。
当日はモデルの鈴木えみさんと「Numero TOKYO」編集長の田中杏子をゲストに迎え、トークショーやファッションショーを通じて、「ルナソル」の新しい魅力を披露した。早速、当日の様子をプレイバック!

モードに進化した「ルナソル」
イベントレポート vol.1

この日の鈴木えみさんは“アイカラーレーション”03番とグラムウィンク EX02を使用。光を受けて偏向する、美しい青みパールの輝きを目元に宿した。
この日の鈴木えみさんは“アイカラーレーション”03番とグラムウィンク EX02を使用。光を受けて偏向する、美しい青みパールの輝きを目元に宿した。

多くの女性たちが美のヒントを求めて集まったトークショーに登壇したのは、鈴木えみさんと小誌編集長の田中杏子。テーマは早速、ファッションへのこだわりや日々のスタイリングで大切にしていることへと発展。



鈴木えみ(以下、鈴木)「毎日身に纏うものだからこそ、ファッションの持つ秘めた力をかりたいと考えています。忙しいとつい、無難なものや合わせやすい色を手に取りがちですが、“これでいいや”と思ったものを着るのは、もったいないと感じてしまうんです。120%どころか、130%の力を発揮できそうな、背中を押してくれるものを選んでいると、少しだけ背伸びをしたアイテムに挑戦してみようという心意気が必然的に生まれてきます。そんな見えない力が、毎日を輝かさせてくれると信じています」

田中杏子(以下、田中)「確かに新しいワードローブを手に入れると気持ちも高揚するし、誰かに会いたくなるなど、ポジティブな気持ちが働きますよね。私は服を選ぶとき、試着は必ず行い、サイズ感を大切にするようにしています。女性らしい所作を作るうえでも大切な要素となります。人生を楽しく歩むのであればやはり、自信を持って身につけるものを纏いたいんですよね」

鈴木えみさんは自身が手がける「ラウタシー(Lautashi)」を、編集長の田中は「マインデニム(MINEDENIM)」のオーバーオールをセレクト。
鈴木えみさんは自身が手がける「ラウタシー(Lautashi)」を、編集長の田中は「マインデニム(MINEDENIM)」のオーバーオールをセレクト。

鈴木「サイズ感はとても大切ですね。私はオンラインショップであっても、2サイズオーダーして自分の体にしっくりくる方を選び取ります。また、自分に似合わないと思っていたものでも、カッティングの深さを変えたり、髪型を変えたりするだけで印象が大きく変わることだってあります。メイクアップだってそう。お店で試したり自宅の鏡の前で引きや寄りでチェックしたりすることで、仕上がりの違いに気づけます」

田中「自分に似合うスタイルを見つけ出すことは、とても大切ですよね。普段から鏡を見ている人は総じて、自分らしいスタイルを知り尽くしていますし、背中も丸まっておらず、堂々としている印象。同じ女性として心から素敵だなと感じます。先ほどお伝えしたように、毎日少しずつ挑戦し続けているからこそ、人生の幅もどんどん広げているような気がします」

ランウェイの様子。眩い目元とツヤをたたえたリップのコンビネーションは秋らしさ満点。
ランウェイの様子。眩い目元とツヤをたたえたリップのコンビネーションは秋らしさ満点。

ファッショナブルな2人がこの秋注目しているのが、女性らしい上質な煌めき。田中は2019-20AWコレクションをこう分析している。

田中「これまでストリートや力強さを表現するかのようなルックが続いてきましたが、今秋はレディライクなワードローブがカムバック。そこに、グリッターの入ったシルバーやゴールド、あるいはサテンをはじめとする光沢のある質感をアクセントとして持つのが今年っぽいですね。メイクアップも同様に、質感のどこかに煌めきを入れると良いでしょう」

鈴木「私が洋服をデザインするときはトレンドというよりも、今の気分に重きを置いているのですが、今日のファッションのような、サテンが生み出すさりげない光沢感がすごく気になります。メイクアップも、リップで色をさすだけでなく、目元にもラメや深みのある色をプラスすることが多いですね」

田中「まさに、今季のルナソルのコレクションテーマである“ILLUMINATING COLOR GLOW”にある通り、自然な輝きをどこかに入れるだけで、洗練された印象が手に入ります。私がこの夏から早速愛用したいと考えているのは、アイライナーの“ニュアンスライト”。シアーでありながら、ラベンダー色を含んでいるので光を受けると美しい偏光カラーへと変化。瞳をより輝かせる効果があります」

鈴木「私もこのアイライナーは大好きです。私はまぶた上部にのせて、あごを引いたときに前髪からチラッとのぞくようなニュアンスを楽しんでいます。メイクがモードなときのファッションは、ブラックなどでシンプルめに。ほかにも素晴らしいと感じたのは、フェイスカラーの“カラーリンググレイズ”のEX01番。イルミネイティングカラー(パレット右上)の輝きが上質で、頬や鼻など、光を集めたい場所にサッとのせています」

田中「4色のアイパレット“アイカラーレーション”はまばたきするだけで光輝き、それぞれの色の魅力を引き出してくれます。皆さんもぜひ、自分らしい煌めきカラーに出合ってください。自分に合ったものを一つずつ見つけていくだけで、女性って生きいきとするし快活に見える。自分を輝かせるためにも、自信を持ってニュールックに挑戦してくださいね」

鈴木「私は新しいアイテムを手に入れたとき、“明日は絶対あのアイテムを主役にしてコーディネートしよう!”と、考えるタイプ。本当にワクワクする時間ですよね。今回のようにメイクアップに2色の大胆なカラーを入れるのであれば、洋服はシンプルにするなど、バランスを大切にすることを心がけています。あとは、今回のコレクションにもあるような“煌めき”は取り入れたいですね。だって、日々の生活のなかで様々な光を受けて輝けるって、なんだか嬉しくないですか」

LUNASOL

カネボウ化粧品

TEL/0120-518-520

URL/www.kanebo-cosmetics.jp/lunasol/

Text : Nathalie Lima Konishi Edit : Hisako Yamazaki

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する