エディター発 モードな事件簿「おうち時間のお供にしたいアートなパズル」 | Numero TOKYO
Culture / Editor's Post

エディター発 モードな事件簿「おうち時間のお供にしたいアートなパズル」

小誌エディターの気になる最新トレンドや撮影の裏話まで、鋭い視線を盛り込んだトピックスをお届け!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2022年4月号掲載)

パズル「DAWN(夜明け)」¥3,300/アイムオーケー
パズル「DAWN(夜明け)」¥3,300/アイムオーケー

おうち時間のお供にしたいアートなパズル

お正月休みにやり残したなあと思ったことに「パズル」があります。ぬくぬくしながらおやつをつまみ、なんならちびちびやりながら、誰にも何にもじゃまされずにパズルに没頭したい……。いま狙っているのは、スウェーデンの出版社がスタートしたデザイン会社「プリントワークス」のパズル。
どれも欲しくなっちゃうギフトショップ「I’M OK」で見つけました。パズル「DUSK(夕暮れ)」¥3,300/アイムオーケー(03-6427-0001)
どれも欲しくなっちゃうギフトショップ「I’M OK」で見つけました。パズル「DUSK(夕暮れ)」¥3,300/アイムオーケー(03-6427-0001)
機能的で美しいアイテムを数多く手がけているだけあって、うっとりするような空の写真のパズルが。パッケージもインテリアとして飾りたいくらいにスタイリッシュ。これ、実はパズルとしてとんでもなく難しいとは思うのですが、ワクワクしかありません!

「モードな事件簿」をもっと読む

Profile

伊藤さや香Sayaka Ito フィーチャー・ディレクター。フランス文化への憧れがすぎて、慶應義塾大学文学部仏文学専攻を卒業、フランス系アパレル会社に勤務。ファッション誌などのライターを経て、フランス版『Numero』の日本語訳小冊子の編集に携わる。その後『Numero TOKYO』に創刊メンバーとして参加。主に、映画、本、アート、ライフスタイルの企画を担当。もとよりカラックス、ジャームッシュ、クンデラなどの作家たちを愛しつつ、新たな(もうちょっと明るい)お気に入りを専ら模索中。プライベートでは2児の母。

Magazine

MARCH 2024 N°174

2024.1.26 発売

Tokyo, My Love

トーキョー再発見!

オンライン書店で購入する