Food / Editor's Post

自宅がビストロになってしまう絶品テリーヌご紹介します

家にいる時間が長くなると、以前は贅沢に思っていたような、おいしいものをポチッとすることにもだんだん抵抗がなくなってきてしまいました。私が今いちばん気に入っているのは、西麻布にあるフレンチレストラン「プレートトキオ」のテリーヌです。

プレートトキオのポーク&チキンレバーテリーヌ
プレートトキオのポーク&チキンレバーテリーヌ

この「ポーク&チキンレバーテリーヌ」ですが、レバー味、血味、肉感の強い一品。これが本当に私の好みの味すぎて! ふつうテリーヌは重しをしっかり乗せるらしいのですが、このテリーヌは軽めに押さえているそう。だからほろほろと崩れやすいのですがその食感がまた良し。レバーなどの内臓のお味が好きな人にはとくにおすすめしたい……心から!

ポーク&チキンレバーテリーヌ 1/2サイズ ¥2,500
ポーク&チキンレバーテリーヌ 1/2サイズ ¥2,500

真空パックで冷凍で届きます。1カ月保存可能とのこと。写真はハーフサイズですが、フルサイズ買ってもあっという間になくなりました……。ホロホロ鳥のコンフィやブラウニーもあるのですが、次もやっぱりこのテリーヌを買ってしまいそう。

「プレートトキオ」は西麻布にあるフレンチレストランで、もちろんお店もやっているのでぜひ!

プレートトキオ

plate-tokyo.jp
住所/東京都港区西麻布2-10-1 西麻布アジアビル1F&3F
注文&問い合わせ/Facebook message または +81 80 4689 9059 (iPhone) へショートメッセージにて

Profile

伊藤さや香Sayaka Ito フィーチャー・ディレクター。フランス文化への憧れがすぎて、慶應義塾大学文学部仏文学専攻を卒業、フランス系アパレル会社に勤務。ファッション誌などのライターを経て、フランス版『Numero』の日本語訳小冊子の編集に携わる。その後『Numero TOKYO』に創刊メンバーとして参加。主に、映画、本、アート、ライフスタイルの企画を担当。もとよりカラックス、ジャームッシュ、クンデラなどの作家たちを愛しつつ、新たな(もうちょっと明るい)お気に入りを専ら模索中。プライベートでは2児の母。

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する