Fashion / Feature

ヘルシーなスタイルを満喫! おすすめのワークウェア15選

最旬トレンドをリーズナブルにトライしたい! そんな思いを叶えましょう。「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」のファッションエディター、漆原望が選んだベストアイテムをスタイリングとともに提案。今回は、ワークアウトウェアをご紹介。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年9月号掲載)

Sweat Suite

ワークアウトウェアを
いつものスタイリングに取り入れて、
ヘルシーなスタイリングを楽しもう

外出自粛期間中にワークアウトを始めた人も多いはず。こだわりたいのは気分を高めてくれるウェア。お気に入りのウェアならば、普段のスタイルにも取り入れたい! ジャケットやシャツ、ヒールなどを合わせて“きちんと感”を意識することが着こなしのコツ。

ジップアップブラトップ¥11,000/Studio R330(ステュディオ アール スリーサーティー contact@studio330.co.jp) ストライプシャツ¥24,000 ラミネートスカート¥23,000/ともにLe Ciel Blue(ルシェルブルー総合カスタマーサービス 03-3404-5370) シールドサングラス¥57,000/Mykita + MM6 Maison Margiela Special Edition(マイキータ ジャパン 03-3409-3783) チェーンブレスレット¥62,000/Riefe Jewellery(プレッド PR 03-5428-6484) 型押しクロコバッグ(W30×H17×D6cm)¥60,000/Michino(プレッド PR) アンクルストラップサンダル「ラニュイ コレクション」 ヒール10cm ¥95,000/Pierre Hardy(ピエール アルディ 東京 03-6712-6809) スカーフストラップサンダル ヒール1cm ¥35,000(予定価格)/Tory Burch(トリー バーチ ジャパン 0120-705-710)

リングブラトップ¥14,600(参考価格)/Adam Selman Sport(ファーフェッチ カスタマーサービス 050-3205-0864)

レイヤーディテールのブラトップ¥7,500/Nike(ナイキ カスタマーサービス 0120-645-377)

オレンジブラトップ¥8,636/Lululemon(ルルレモン 080-0080-4090)

ロゴ入りブラトップ¥5,300/Calvin Klein Underwear(カルバン・クライン カスタマーサービス 0120-657-889)

レオパードトップ¥13,389/The Upside(マッチズファッション 0800-919-1268)

トラックショートパンツ¥6,900/Champion(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター 0120-456-042)

ブレードサイクリングパンツ¥43,000/Toga(トーガ 原宿店 03-6419-8136)

プリントサイクリングショーツ¥4,300(参考価格)/House of Holland(ファーフェッチ カスタマーサービス 050-3205-0864)

フロントダブルジップスカート¥26,000/N21×Fila(イザ 0120-135-015)

ハイネックスリムトップ¥22,000/Polo Ralph Lauren(ラルフ ローレン 0120-3274-20)

タイダイボディスーツ¥13,900(参考価格)/Fantabody(ファーフェッチ カスタマーサービス 050-3205-0864)

フラワーボディスーツ¥27,000/Paco Rabanne(エドストローム オフィス 03-6427-5901)

スキューバトップ¥32,000/Ambush®(アンブッシュ®ワークショップ 03-6451-1410)

ヴィクトリア・ベッカムとコラボしたウーブンクルージャケット¥33,000/Reebok × Victoria Beckham(リーボック アディダスお客様窓口 ☎ 0570-033-033)

トラックパンツ¥7,500/Puma(プーマ お客様サービス 0120-125-150)

Cutout Photos:Asa Sato Fashion Editor:Nozomi Urushibara

Profile

漆原望Nozomi Urushibara ファッション・エディター。大学卒業後『Numéro TOKYO』に参加し田中杏子に師事。ファッションストーリーやシューズ&バッグなどを担当し、撮影プロップ制作も行う。ミニバッグとプラットフォームシューズへの偏愛が強め。誌面でのスタイリングのほか、広告やタレントの衣装なども手がける。ほんのちょっとの可愛らしさが残るイイ女スタイルが好み。2019年にはサーフィン、2020年はテニス、2021年はバドミントンをスタートした完全アクティブ派!

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する