12
Culture Pantovisco's Column

パントビスコのお悩みスペクタクル vol.12

インスタグラムで面白すぎるイラストと言葉を日々発表するマルチクリエイター、パントビスコが、Numero.jpにお悩み相談所を開設。恋愛、結婚から仕事、日常生活の些細な出来事まであなたの抱えるお悩みに、愉快なご意見番たちがお答えします。

12回目ワイドのコピー
12回目ワイドのコピー

お悩み 12
「家に荷物を届けてくれる運送会社のお兄さんを好きになっちゃいました。
自然にアプローチする方法はありませんか?」

今日の解決メンバー
女性のコピー
女性のコピー

女性
25歳ぐらいの一人暮らし。

ヤマトさん
ヤマトさん

ヤマトさん
運送会社でバリバリ働く男性。

サガワさん
サガワさん

サガワさん
運送会社でバリバリ働く女性。

しりのコピー
しりのコピー

しり
物知り。

さて今回のお悩みスペクタクルは、「家に荷物を届けてくれる運送会社の人を好きになっちゃいました。自然にアプローチする方法はありませんか?」です。んーこれって、どうなんだろうね笑。

こんにちは!佐〇急便で働くヤマトと申します!こういう方もいらっしゃるんですね!少しドキドキします!笑

こんにちは、ヤ〇ト運輸で働くサガワと申します。私は異性のお客様との距離感には気を付けています。

ヤマトさんとサガワさん、苗字と会社名がなんだかややこしいデス!

私は女目線でいうと…運送会社のお兄さんってたくましくって、一生懸命働いている人は確かにかっこいいと思うけど、その反面、玄関で1対1で会う時はちょっぴり警戒はしちゃうかも。もちろん、相手もお仕事だからなんにもないとは思うけどね!

いやー分かりますよ、だって普通に考えて、見ず知らずの男性が自分の家の玄関に来るって、いくら安全な日本だからと言って怖いは怖いですもんね。私も女性のお客様から「あ、警戒されてるな…」と感じることはあります。

そうですね。私は逆に女性のお客様のお宅へお伺いする際は、同性だからか、安心して接して頂けることが多いように感じますね。

へ〜そうなんダネ。運送会社の人も、お客さんも一応他人同士だから一定の距離は取ってるんダネ。僕はただのおしりだからわかんないヤ笑。

ちなみに、しりはどこから喋ってるの?。

…まあそれはいいじゃないですか。

………。

………。

………。

ちなみに、ヤマトさんとサガワさんは、異性のお客さんが突然好意があるようなことを言ってきたらどうする?

私は実際に言われたことあるんですけども、さすがに少し困りますね。次から配達しにくいし…。「ははは、ありがとうございまーす笑」って、無理矢理ごまかすしかないですね。

僕は普通に嬉しいですけど…好意を伝えられて調子に乗ってワクワクしちゃってる様子を会社にクレームとして報告されたらひとたまりもないですね笑。試されてる!?騙されてる!?とか、自問自答しちゃいます笑。

ププッ!

あ!!しり!今そそうしたわね!?

ち、違いますヨ!笑っただけです!!

そういえばしりって…まさかあの“しり”なんじゃないんですか?

たしかに…。試しに質問してみます? “ヘイ、しり!今回のお悩みの解決方法を教えて!”

…相談者自らが荷物になるといいデショウ…。

あ!答えてくれた! なるほど…自分が荷物になって取りに来てもらえれば持って帰ってくれるわね!

ハハハハ!面白い解決方法笑。それなら堂々と集荷できますね、おっと、伝票の記載も忘れずに笑!

…でも自分自身を持って行ってもらうなんて…そんな重いことしてたら、ゆくゆくは相手のお荷物になるんじゃない?

…人のココロはワレモノ注意デス。

今日のお悩み解決方法

12回目カイケツのコピー
12回目カイケツのコピー

過去のお悩みも読む

「パントビスコの暴走☆行動占い」も読む


Profile

Pantovisco(パントビスコ) 主にイラストやコピーライティングにて表現を行うマルチクリエイター。Instagramではフォロワー数約26万人を抱える。昨年は2冊の著書を出版し、現在は雑誌・WEBで6つの連載を抱える他、三越伊勢丹、BEAMS、KIRINなどとの企業コラボやTV出演など、業種や媒体を問わず活躍の場を広げている。Instagram/@pantovisco

Illustration & Text:Pantovisco Edit:Masumi Sasaki

Recomended Post