Fashion / Editor's Post

女っぷりが上がる!「Pierre Hardy」の「LA NUIT」コレクション

ピエール アルディ(PIERRE HARDY)の新コレクション「LA NUIT COLLECTION」が発売中。レッドカーペットやパリのストリートを歩く女性たちへのオマージュを込めた、モダンでセンシュアルな魅力を放つ。シルエットやヒールの高さ、配色、光が特徴的な2ライン「Moonlight」と「Midnight」が展開。

「Moonlight」は、幻想的で宇宙旅行の雰囲気を感じさせる、魅惑的なカーブを描いたアンクルストラップと、アニッシュ・カプーアのアート作品かのような、建築的なシェイプが特徴。ハイヒールでも4cmのマイクロニードルヒールでも、上品に足元で存在感を放つ。カラー展開はフューシャピンクとシャンパン。

「Midnight」は、魅惑的な夜の世界へと導くMoonlightの美しき共犯者。踊るように誘うアシンメトリーのストラップや足のカーブに沿ったウェービーなライン、閃光のようなゴールドトリムが自由奔放なセンシュアリティをアピールする。フラットシューズ、キトゥンヒール、ハイヒールの3つのヒールで展開。正面から見ると、ラインストーンで装飾された華奢なストラップのみが浮き上がる妖艶なデザイン。

MoonlightもMidnightもピエール アルディの本質である、足元への敬意とエレガンスさが反映され、季節を問わず自らを美しく見せることを厭わない姿勢と巧みな遊び心が描かれた。

モードに季節は関係ないと言われるように、秋冬シーズンでも足を覆い隠すことはせず足を美しく見せてくれる。夜のムードを感じさせるシューズたちが、間違いなく女っぷりを上げてくれるはず。

シューズのほか、バケットバッグも3色展開する。

ピエール アルディ 東京
住所/東京都港区南青山5-5-25 南青山郵船ビル A棟103号
TEL/03-6712-6809

Profile

漆原望Nozomi Urushibara ファッション・エディター。大学卒業後『Numéro TOKYO』に参加し田中杏子に師事。ファッションストーリーやシューズ&バッグなどを担当し、撮影プロップ制作も行う。ミニバッグとプラットフォームシューズへの偏愛が強め。誌面でのスタイリングのほか、広告やタレントの衣装なども手がける。ほんのちょっとの可愛らしさが残るイイ女スタイルが好み。2019年にはじめたサーフィンに続き、2020年はテニスをスタート予定。

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する