Fashion / Editor's Post

NYが湧いた!ファッションの夢が詰まった「Tomo Koizumi」

きっと2019-2020秋冬NYファッションウィークで最も注目を浴びた日本人デザイナー「TOMO KOIZUMI(トモ コイズミ)」。幾重ものラッフルを重ねたカラフルでボリューミーなルックがユニークで、レディー・ガガやセレブリティの衣装も手掛けています。

日本人デザイナーがまた新たなステージに進んだということも素敵なことですが、やはりルックのパワフルさ、纏うことの楽しさ、ファッションの楽しさを思い起こしてくれるショーに、上がりました!!!

ファッション界にその名を響かせた、NYFWでのファーストショー。会場となったのは、マーク ジェイコブスのマディソンアベニュー店。今回のショー実現のキーパーソンとなったスタイリストのケイティ・グランドを始め、メイクアップアーティストのパット・マクグラス、ヘアスタイリストのグイド・パラオ、そしてマーク・ジェイコブス。シューズはタビサ・シモンズが提供したそう。ファッション界の有力者たちがサポートした。

またファーストルックを飾ったローワン・ブランチャードを始め、ベラ・ハディッドやテイラー・ヒル、カレン・エルソン、エミリー・ラコウタスキーらがランウェイを歩いた。

ケイティ・グランドがインスタグラム上で彼の作品に出合ったことで話がスタートしたそう。ご本人も「夢のような時間だった」とコメントされていましたが、見ている私たちも夢のようなピースに魅了されました。

TOMO KOIZUMI

URL/www.tomo-koizumi.com/

Profile

漆原望Nozomi Urushibara ファッション・エディター。先輩ファッション・エディターから技を盗むべく日々勉強中。ジュエリーとスカーフをうまく使いこなせる女性があこがれ。生涯の課題、ヘルシーな小麦肌を、今年こそは!

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する