808
Culture Post

渋谷慶一郎が年末恒例のピアノソロ・コンサートを開催。ゲストに菊地成孔、森山未來が登場!

渋谷慶一郎が12月4日に東京・天王洲アイルの寺田倉庫にて、年末恒例となったピアノソロによるコンサートを実施。今年は豪華なゲストを迎え「Keiichiro Shibuya Playing Piano Plus」と題して開催する。11月11日(金)から各回チケットの販売をスタートしたが売り切れ必至となりそうだ。

渋谷のピアノソロとコンピュータを基調に、コンサートはマチネとソワレの2回行われ、それぞれ全く異なるゲスト、内容、演奏曲目となるという。16時からのマチネには菊地成孔をゲストに迎え全編ピアノとサックスによる初のデュオを披露。19時からのソワレには森山未來をゲストに迎えて、ピアノとダンスによる共演。曲目の重複はなく、渋谷はピアノソロのみならずコンピュータとピアノによる新作も披露する予定だ。

マチネのゲストである菊地成孔とは、渋谷がプロデュースと作曲を手がけ、太田莉菜がボーカルを担当した「サクリファイス」で、作詞を共作して以来のコラボレーション。コンサートでは初の共演となる。今回は即興演奏だけではなく、ビル・エヴァンス、アントニオ・カルロス・ジョビン、デビット・ボウイといった言わば「スタンダード」をピアノとサックスでカヴァーすることにもなっている。

また、ソワレのゲスト、森山未來は名和晃平とダミアン・ジャレによる舞台作品「VESSEL」にダンサーとして参加するなど、俳優のみならずダンサーとしても目覚ましい活躍を見せている。森山の主演作品である「セイジ 陸の魚」の音楽監督を渋谷が担当しているという奇縁はあるものの、共演は初めてとなり「for maria」をはじめとした渋谷のピアノソロ楽曲に森山のダンスが重なる瞬間は見逃せない!

SPEC メインテーマ 渋谷慶一郎

以下、渋谷のライブへの思いを引用する。

「ここ数年、僕は暮れに一人でピアノソロのコンサートをやってきた。
そしてこの先もずっと一人でピアノを弾いて次の年に向かう、それがずっと続くと思っていたし僕にとっては唯一の大事な習慣になっていた。
しかしこの孤立は奇妙なものだとも思う。
僕の国外のプロジェクトのほとんどがコラボレーションワークだし、THE ENDのような大掛かりなプロジェクト・チームで世界中を駈けずり回っていたりもする。
もしかしたら自己確認や習慣だと思っていたこのピアノソロは集団化、均質化していくこの国の状況に対する無意識の態度表明だったのかもしれない。

ピアノは鏡のようなもので、そのときの自分を写すだけではなくその周囲も写り込むしそこに光が射すときもある。
今年の年末は僕一人ではなく、しかし決して集団化しない個人として際立って屹立したアーティストと一緒に演奏してみたいと思った。
(中略)
自分の曲も演奏すれば即興的な部分もあり、スタンダードもある。
それらをシームレスに行き来して泳ぐにように演奏したい。
6本の柱が屹立する寺田倉庫のスペースで僕たちの孤立が重なるのを囲み輪になって観てほしいと思う」。

渋谷はこのコンサートの直後に渡欧しイタリア・ミラノでも公演を行うことも決定。
奇跡のコラボレーションが行われるたった1日だけの公演による、渋谷慶一郎のピアノとゲスト2人とのそれぞれの共演を体感して。

渋谷慶一郎コンサート「Keiichiro Shibuya Playing Piano Plus」

日時 / 2016年12月4日(日)
マチネ公演 15時開場 16時開演
渋谷慶一郎(Piano)+菊地成孔 (Sax)  

ソワレ公演 18時30分開場 19時30分開演
渋谷慶一郎(Piano,Computer)+森山未來 (Dance)

会場 / 天王洲・寺田倉庫本社ビル G3-6F 東京都品川区東品川2-6-10  
チケット /
前売り1日通し券 10000円(税別)
前売り 各回 6000円(税別) 
当日券 各回 7000円(税別、前売り券完売の場合は発売しません) 

※チケットはPeatixのみ取り扱い、発売中。 peatix.com/event/212295

出演 / 渋谷慶一郎、菊地成孔、森山未來
音響 / 金森祥之
舞台監督 / 尾崎聡
空間構成 / 涌井智仁

Recomended Post