スカーレット・ヨハンソン、自分の声にそっくりなAI音声に激怒 | Numero TOKYO
Culture / News

スカーレット・ヨハンソン、自分の声にそっくりなAI音声に激怒

©Bang Media International
©Bang Media International

スカーレット・ヨハンソンが、オープンAI社による新たな合成音声が自分の声に酷似していると怒りをあらわにした。同社が手掛けるチャットGPTの新音声対話機能「Sky」は、先週の発表以来、スカーレットが2013年公開の映画『her/世界でひとつの彼女』で演じたバーチャルアシスタントの声にそっくりだと話題になっていた。

スカーレットは同社が手掛けるチャットGPTの新音声対話機能「Sky」に向けて声を提供して欲しいという依頼を以前に断ったという経緯を明らかにするとともに、「衝撃と怒り」を覚えたという声明を発表した。

「昨年9月、私は(オープンAIのCEO)サム・アルトマンから、チャットGPT4.0のために声を提供してほしいと依頼を受けました。そのシステムの声を担当することで、私がテクノロジー企業とクリエイターの懸け橋となると同時に、人類とAIにおける劇的な変化を人々が受け入れやすくなると言われました。私の声は人々に安らぎを与えると。しかし熟考の末、個人的な理由でそのオファーを断りました」

9か月後、私の友人、家族、世間一般すべての人が、『Sky』という名の最新システムの声が私そっくりだと感じました。初めて公開されたデモを耳にしたとき、私は衝撃を受けると同時に怒りがこみ上げました。アルトマン氏が、私の親しい友人やメディアでさえ違いが分からないくらい不気味なほど私の声に似ている音声を追求したことに信じられない気持ちでした。アルトマン氏はさらに、その類似性が意図的であることをほのめかし、私が人間と恋愛関係を築くチャットシステム、サマンサの声を務めた映画を示すかのように『her』とツイートまでしたのです」

さらに、アルトマン氏からこのデモ公開の数日前にスカーレットの担当エージェントに連絡があり、「考え直す」よう求められていたが、返答する前にリリースされていたと続けている。

「これを受け、私は弁護士を雇わざるを得なくなりました。アルトマン氏とオープンAIに対して2度書簡を送り、『Sky』の詳細な制作過程の説明を求めました」と、これによりオープンAIが「Sky」の音声機能を一時停止する決断に至ったと説明。

また、昨今のAI台頭についても焦点を当て、「私たちは皆、ディープフェイク問題や自分の見た目や作品、アイデンティティを守ることに取り組んでいます。私はこれらの明確化が絶対的に必要だと考えています」と綴っている。

一方で、アルトマン氏はザ・ヴァージに対するコメントで、「Sky」の音声は別の女優の声であると説明。スカーレットに「似せるつもりもなかった」と釈明している。

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する