ゼンデイヤ、新作のキスシーンをめぐる話題に対して「仕事の一部」 | Numero TOKYO
Culture / News

ゼンデイヤ、新作のキスシーンをめぐる話題に対して「仕事の一部」

©Bang Media International
©Bang Media International

ゼンデイヤが、主演する新作映画のキスシーンをめぐるダブルスタンダードを訴えた。ロマンス映画『チャレンジャーズ』でゼンデイヤは、マイク・ファイストとジョシュ・オコナー扮する2人のアスリートとの三角関係に巻き込まれるテニスコーチ役を演じている。

『ジェイク・テイクス』でのインタビューでゼンデイヤは、「人々は俳優が作品内でキスすることは仕事の一部であることを忘れているのか、それとも自分に特定の話題について語らせたいのだろうか?」と司会のジェイク・ハミルトンに尋ねられ、「分からないわ。バイラルなもの(急速な拡散)にしたいからなのかは分からない。でも、特に私に関しては、他の俳優にはないことだと気づいた。他の俳優にはそんな質問はしないでしょうね。でも、仕事の一部だし、他の人たちが私たちの仕事についてどう認識しているかは別として、まったく普通の仕事の一部。本当に変よね」と答えた。

同じくハリウッドスターのトム・ホランドと交際中のゼンデイヤは、同新作映画のプロモーションをする中で、「取り上げてくれてありがとう。私も同じことを考えていたから。これは変だってね!」と吐露した。

一方、今月初めにローマで行われた同作のプレミアで、ゼンデイヤは熱烈なシーンの撮影において「私たちが安全だと感じられるのが重要だったから、親しい関係のコーディネーターがいて素晴らしかったし、とても助かった」と語り、共演者のマイクとジョシュとの交流について「どうすれば気持ちを解きほぐせるか、仲間内で話し合ったわ。一緒にテニスをしたり、外出したり、リハーサルをしたり。お互いの絆を深めて、いい感じになれた」と明かした。

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する