オリヴィア・ロドリゴ、コーチェラのノー・ダウトのステージにサプライズ出演 | Numero TOKYO
Culture / News

オリヴィア・ロドリゴ、コーチェラのノー・ダウトのステージにサプライズ出演

©Bang Media International
©Bang Media International

オリヴィア・ロドリゴが、コーチェラ・フェスティバルのノー・ダウトのステージにサプライズ出演した。13日(土)のヘッドライナーを務めたグウェン・ステファニー率いる同バンド、2000年のシングル『バスウォーター』のパフォーマンスにロドリゴが参加しグウェンとのデュエットを披露した。

「I♡ND(ノー・ダウト)」と書かれた白いタンクトップで登場したオリヴィアは曲の最後にグウェンとハグし、ステージを去る姿があった。

ちなみにオリヴィア、ノー・ダウト共にコーチェラは初登場、9年前の活動休止から初めてのライブとなった同バンドは『ヘラ・グッド』からスタートし『ドント・スピーク』『ジャスト・ア・ガール』といったヒット曲と共に、ファンの間で人気の高い『ディファレント・ピープル』『ハッピー・ナウ?』『トータル・ヘイト95』といった曲を披露していた。

一方オリヴィアは同バンドのフロントウーマン、グウェンをナイロン誌でこう賞賛していた。「グウェンの異なるスタイルの音楽、作曲、美学を進化させ、探求しつつ、自分に真でありつづける能力は本当に感銘を受ける」「私にとって既成概念や決められた境界線を打ち破るアーティストの代表的な例、自分がクールだと思うものをただ作り続けるというね。それが真のアーティストじゃないなら、何なのってこと」

ノー・ダウトの2000年のアルバム『リターン・オブ・サターン』を聴いた当時15歳だったオリヴィア、同作についてこう続けていた。「グウェンはこの世界を動き続ける女性について詳細に歌っていて、私はそんな音楽をそれまで聴いたことがなかった」「彼女は誰かとの折り合いから、夫や子供を持つことを夢見ることまで悪びれずに歌っていた。彼女のあらゆる言葉には心がこもっていたし、すべての曲が、最高にクールな女性の日記から取ってきたような感じがした」

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する