名建築の歴史的空間を舞台に新しいアートイベント「CURATION⇄FAIR Tokyo」が始動
Art / News

名建築の歴史的空間を舞台に新しいアートイベント「CURATION⇄FAIR Tokyo」が始動 @kudan house(九段下)

今年初開催のアートイベント「CURATION⇄FAIR Tokyo(キュレーションフェア)」において、第1弾の展覧会企画が開幕する。「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」展は、東京・九段のkudan house(九段ハウス)にて、2024年2月22日(木)〜3月3日(日)まで。


“展覧会で作品やアーティストへの理解を深め、アートフェアで作品を購入する”というコンセプトのもと、新しいアートイベント「CURATION⇄FAIR Tokyo(キュレーションフェア)」が始動した。

舞台は、九段下にある登録有形文化財「kudan house(九段ハウス)」。曲線が美しいこの旧邸宅は1927年に建てられたもので、日本の鉄筋コンクリート建築の黎明期における代表作として知られている。

そんな歴史的な空間で開催される本展「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」では、ノーベル文学賞を受賞した二人の文豪・川端康成と大江健三郎の文化論を起点に、キュレーターの遠藤水城が展覧会を構成。人間中心的ではない新たな視点から、作品同士の相互作用や「もの」そのものの美しさや質に焦点を当てる試みだ。会場では、李朝の白磁壷や川端康成の書のほか、小川待子の近作、イラン出身のシャプール・プーヤンの彫刻作品など、古美術から現代アートまで、時代やジャンルを超えた作品が集結する。

『李朝白磁壷』(李氏朝鮮時代 18世紀) Photo by 野村知也
『李朝白磁壷』(李氏朝鮮時代 18世紀) Photo by 野村知也

シャプール・プーヤン『First Brick』(2022年)Courtesy of the artist and Tokyo Gallery+BTAP Photo: Kei Okano
シャプール・プーヤン『First Brick』(2022年)Courtesy of the artist and Tokyo Gallery+BTAP Photo: Kei Okano

また、本展会期後に開催されるアート見本市「Art Kudan」では、ANOMALY、タカ・イシイギャラリー、小山登美夫ギャラリー、MAKI Gallery、東京画廊+BTAPなど、国内有数のギャラリーや美術商が出展し、茶室作法を由来とする「時の所望」をテーマに、古美術から近代、現代アートなど、さまざまな作品の展示販売を行う。

日本独自の美や芸術のあり方を知るとともに、作品への理解を深め、購入も可能な新しいアートフェア。この機会に、足を運んでみてはいかが。

kudan house 外観
kudan house 外観

※掲載情報は2月21日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

CURATION⇄FAIR Tokyo
展覧会「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」
会期/2024年2月22日(木)〜3月3日(日)
料金/一般 2500円、学生 1500円、千代田区在住・在勤の方 2000円、障害者 1250円(当日価格)
時間/10:00〜21:30(月〜金)、10:00〜21:00(土・日・祝)、10:00〜18:00(3月3日(日))(入場は各日終了30分前まで)

アートフェア「Art Kudan」
会期/2024年3月9日(土)〜3月11日(月)
料金/一般 3000円、学生 1800円、千代田区在住・在勤の方 2500円、障害者 1500円(当日価格)
時間/11:00〜19:00(入場は18:30まで)

会場/kudan house
住所/東京都千代田区九段北1-15-9
URL/curation-fair.com/ticket.curation-fair.com/(チケット販売サイト)

Text : Manami Abe

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する