『ヌメロ・トウキョウ』3月号 通常版表紙に宮脇咲良がソロで初登場。ルイ・ヴィトンを纏った、現代のミューズを体現。 | Numero TOKYO
Fashion / News

『ヌメロ・トウキョウ』3月号 通常版表紙に宮脇咲良がソロで初登場。ルイ・ヴィトンを纏った、現代のミューズを体現。

1月26日(金)発売の『ヌメロ・トウキョウ(Numéro TOKYO)』3月号に、LE SSERAFIMのメンバーとしてワールドワイドに活躍する宮脇咲良がソロでカバーに初登場! 昨年10月にメンバー全員でルイ・ヴィトンのアンバサダーに就任したLE SERRAFIM。14ページにわたるカバーストーリーでは、宮脇咲良がルイ・ヴィトン 2024年ウィメンズ クルーズ・コレクションを身に纏い、儚く美しい現代のミューズを体現した。

幻想的で非日常、夢見るようなロマンティックを奏でる本誌撮り下ろしのファッションページに登場した、いま世界が注目するLE SSERAFIMのメンバー 宮脇咲良。現代のミューズの新しい顔と表現を引き出した見応えたっぷりなファッションシューティングから、ロングインタビューまで、魅力あふれる“彼女のいま”にクローズアップ。

「ルイ・ヴィトンというメゾンが掲げる独立した強い姿は、私たちLE SSERAFIMも目指している姿です。メンバー全員でアンバサダーを務めさせていただけることがとても光栄でした」と語る宮脇咲良。2022年5月に「FEARLESS」でデビュー。デビューから今に至るまでこれまでの1年半を振り返り、「グループ名のLE SSERAFIMは、“恐れることなく進む”という意味が込められていますが、実際に自信を持つことはすごく難しいことだと思っていて。最初は『もっと自分のことを好きになってみよう』と意識してみたんです。そうして活動しているうちに、自然と堂々とできるようになったり、もっと自信を持てるようになっていることに気づいたんです。LE SSERAFIMとしてデビューしてから、より自分のことを 認めることができて、好きになれている気がします」と話してくれた。

【インタビュー抜粋】

──今のLE SSERAFIMをひとことで表すとしたら?

「“仲間”ですかね。アーティストは手の届かない存在というイメージがあるかもしれませんが、LE SSERAFIMは悩んだり、苦しんだりしている姿を包み隠さずにお見せしてきました。ファンの皆さんと同じように、今の時代を必死に生きる等身大の姿を表現できることがLE SSERAFIMの強みなんじゃないかなと思います」

このほか同号では、「Tokyo, My Love」と題した、今面白い東京を再発見する特集も。「海外クリエイターに聞く、“お気に入りのアドレス”」、「MAVE:が東京にやってきた!」、羽根木や幡ヶ谷に着目した「2024年は東京のこの街に注目!」など、新たなコミュニティが次々に誕生する新旧の東京スポットの魅力を紐解きます。

『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2024年3月号【通常版】
定価/890円(税込)
発売日/2024年1月26日(金)

Amazonで特装版を購入する
7netで特装版を購入する

Magazine

SEPTEMBER 2024 N°179

2024.7.26 発売

Found It Out

探しもの見つけた

オンライン書店で購入する