エヴァ・ロンゴリア、『デスパレートな妻たち』共演者に助けられた | Numero TOKYO
Culture / News

エヴァ・ロンゴリア、『デスパレートな妻たち』共演者に助けられた

©Bang Media International
©Bang Media International

エヴァ・ロンゴリアは、「デスパレートな妻たち」シリーズの共演者たちに名声への対処の仕方を教えてもらったという。

2004年から2011年にかけて、テリー・ハッチャー、マーシャ・クロス、フェリシティ・ハフマンらとともに同大ヒットコメディ・ドラマシリーズに出演していたエヴァは、今でも他のキャストたちから受けたサポートに感謝しているそうだ。

ポッドキャスト『アームチェア・エキスパート』に出演したエヴァはこう明かす。「みんな、名声やその物語について、私より上手く対処していたわ」「みんなが私たちが仲が悪いって噂してた時、彼女たちは『番組の中で私たちはみんな40歳を過ぎていて、そういった女性にまつわる物語を周りは話しているだけ』って言ってたわ。私は『なるほど』って思った。それを理解できるほど、私は賢くなかったのよ」

当時、共演者たちはみんなケンカしていると部外者が憶測する中、エヴァは、「バブル」の中にいたと振り返っている。「番組の外で起こったことは何でも、私たちは『何のこと?』という感じだったわ。私たちは自分たちの外に出て、外の空気を吸うことができなかった。私たちはセットの中にしかいなかった。クルーとお互いにバブルの中にいたのよ」

同番組の演技で後にゴールデン・グローブ賞とSAGアワードにノミネートされたエヴァ、番組での自分の役割に没頭し、外部の雑音などほとんど気にしなかったという。「私たちがけんかしているとか、『No.1のショーだ、あなたは素晴らしい』とか、良いことも悪いことも言われたけど、私たちは働き疲れ切っていたから、そんなことは気にならなかった」「よく聞かれるの。『あなたたちは本当に喧嘩してたの?』って。そうか、そんな大事だったのねと思うわ」

Photo: Bangshowbiz

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する