ゼンデイヤ、犬のフンを拾っているところを写真に撮られ憮然 | Numero TOKYO
Culture / News

ゼンデイヤ、犬のフンを拾っているところを写真に撮られ憮然

©Bang Media International
©Bang Media International

ゼンデイヤが、犬のフンを拾っているところを写真に撮られた恥ずかしい体験について明かした。

10代でディズニー・チャンネルに出演してスターの座を確立し、2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』で映画デビューを果たしたゼンデイヤ。愛犬ヌーンをベネチアで散歩させた最近のイタリア旅行を思い出しながら、日常生活を送る姿を写真に撮られることにまだ慣れていないことをエル誌の取材で振り返っている。「ベネチアを歩き回れるみたいな考えがあったの。でも、できないのよ。私は犬のうんちを拾わなければならなかったのだけど、『神よ、どうか私が犬のそれを拾っている写真を撮らないでください』って感じだったわ」

しかし幸運にも、そのカメラマンは、実際にフンを拾っているスナップを使わなかったそうで、「袋を持っている写真もあるけれど、ありがたいことに、拾うところと袋に入れるところは省かれたわ」と続けた。

そんなゼンデイヤは一方で、世間の目にさらされることで多少の困難はあるものの、多くのファンと共に「成長」してきたとして、伊ヴォーグ誌に次のように語っている。

「ファンの多くは私と共に成長し、私の人生やキャリアの様々な部分で進化する私を見てきた。ファンの多くは同年代で、同じような人生観、同じような考え、将来への希望や願いを持っているの。私のキャリアについてや世界観もね」「彼らは私が人間であることを本当に理解してくれていて、コアなファンの人たちでさえ、私の幸せを願ってくれているわ」「彼らは私の境界線と、私がプライベートにしておきたいこと、自分だけのものにしておきたいことを本当に尊重してくれているのよ」

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する