「エマイユと身体」展、銀座メゾンエルメス フォーラムにて | Numero TOKYO
Art / News

「エマイユと身体」展、銀座メゾンエルメス フォーラムにて

フランソワーズ・ペトロヴィッチ『腹話術師』 Courtesy of the artist and Semiose, Paris|Photo: © Kei Okano/Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès
フランソワーズ・ペトロヴィッチ『腹話術師』 Courtesy of the artist and Semiose, Paris|Photo: © Kei Okano/Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès

2023年6月17日(土)から9月17日(日)まで、銀座メゾンエルメス フォーラムにて「エマイユと身体」展が開催される。陶芸で用いられ、火と空気の作用によりガラス質へと変容するエマイユ(釉薬:うわぐすり)に注目し、身体との関係を考察。7人のアーティストによる作品が展示される。

本展は、エルメス財団による、自然素材とそれに関わる職人技術や手わざについて再考し、継承、拡張を試みる「スキル・アカデミー」の活動の一環。8月に予定している『Savoir & Faire 土』(岩波書店)出版を記念して、関連する作品を展示する。参加するアーティストは、シルヴィ・オーヴレ、ジャン・ジレル、内藤アガーテ、ユースケ・オフハウズ、小川待子、フランソワーズ・ペトロヴィッチ、安永正臣の7人。

アーティストたちが試行錯誤しながら辿りつき、そして生みだされる造形。本展よりその一部作品をご紹介。

Masaomi Yasunaga『Installaion view of Memories From the Silent Shore』|Photo:© Nacása & Partners Inc. /Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès
Masaomi Yasunaga『Installaion view of Memories From the Silent Shore』|Photo:© Nacása & Partners Inc. /Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès
安永正臣『再生する器』 © Courtesy of the Artist, Nonaka-Hill and Lisson Gallery
安永正臣『再生する器』 © Courtesy of the Artist, Nonaka-Hill and Lisson Gallery

その質感や造形から骨や灰が身体の一部であることを思い出す、安永正臣の作品。釉薬に石や金属、ガラスなどを混ぜた独自の材料から、かたちをつくり、砂やカオリン(磁器の原料)に埋めて焼き上げ、掘り出すという手法を用いている。

シルヴィ・オーヴレ『箒(ほうき)』 Courtesy of the artist and Galerie Laurent Godin|Photo:© Nacása & Partners Inc./Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès
シルヴィ・オーヴレ『箒(ほうき)』 Courtesy of the artist and Galerie Laurent Godin|Photo:© Nacása & Partners Inc./Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

シルヴィ・オーヴレによる、フェティッシュな箒。日常的なものに物語が立ち上がる。

小川待子『掘りだされたときN-2018』| Photo:大屋孝雄 Courtesy of Nakacho Konishi
小川待子『掘りだされたときN-2018』| Photo:大屋孝雄 Courtesy of Nakacho Konishi

水のように透き通る釉薬、ひびや欠け、壊れることとつくること。うつわと原初のかたちとの境界を行き交う小川待子。

内藤アガーテ『ガーデニング II』Photo: Brigitte Besson Technical support: Bertrand Weissbrodt  Courtesy of the artist
内藤アガーテ『ガーデニング II』Photo: Brigitte Besson Technical support: Bertrand Weissbrodt Courtesy of the artist


ユースケ・オフハウズ『たしか私の記憶では』展示風景|Photo:© Nacása & Partners Inc./Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès
ユースケ・オフハウズ『たしか私の記憶では』展示風景|Photo:© Nacása & Partners Inc./Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès


熱によって変化し陶器の表面を覆うエマイユは、被膜を想起させる。皮膚のようでもあり、保護される隠れ家のような感覚も。内藤アガーテはインスタレーションで、儚いセラミックと身を置き、あるいは身を隠すために作品を用い、そしてユースケ・オフハウズは、自分の記憶を頼りに小さな建築物を作っている。

ジャン・ジレル『輝く夏』|Photo:© Kei Okano/Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès
ジャン・ジレル『輝く夏』|Photo:© Kei Okano/Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

こちらは「曜変天目」の探究を続けるフランスの人間国宝、ジャン・ジレル(Jean Girel)のエマイユが生み出した風景。

ジャン・ジレルは、製陶が始まるずっと前、先史時代の人類が魅せられていた貝殻や亀の甲羅、歯、ターコイズなどの石などには、のちに釉薬となるものと、どこか奇妙な共通性があるのでは、と書籍『Savoir & Faire 土』にテクストを寄せている。

エマイユ(釉薬)と人間の手から生み出された作品たち。その追求は陶芸の世界を拡張し、人を惹きつける根源にまでつながっている。ぜひ訪れて。

エマイユと身体
期間/2023年6月17日(土)~9月17日(日)
時間/11:00〜19:00(入場は18:30まで)
休館日/不定休 ※エルメス銀座店の営業時間に準じます
入場料/無料
会場/銀座メゾンエルメス フォーラム 8・9階
住所/中央区銀座5-4-1
TEL/03-3569-3300
URL/www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/forum/230617

※アーティスト、ソー・ソウエンによる、内藤アガーテのインスタレーションを用いたパフォーマンスも開催予定。詳細は後日オンラインにて。
日時:7月31日(月)、8月2日(水)、8月5日(土)11:00〜19:00 (申込不要)

Text:HIromi Mikuni

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する