ジェニファー・アニストン、つらいワークアウトは卒業 | Numero TOKYO
Culture / News

ジェニファー・アニストン、つらいワークアウトは卒業

©Bang Media International
©Bang Media International

ジェニファー・アニストンが、「つらい」ワークアウトを止めたそうだ。以前は無理に強度のエクササイズを毎日1時間程度していたというジェニファーだが、現在は健康を保つために数々の「小さなムーブメント」を行っているという。

人気ドラマ『フレンズ』でお馴染みのジェニファーはToday.comにこう話している。「私が以前していたワークアウトはとても疲れてつらいものだった。(今は)機能訓練よ。マインドフルな小さなムーブメントをね。以前の私は、45分から1時間のワークアウトをして汗だくになっていないとダメだって自分に言い聞かせていた。私は自分の身体にそれを課していたの。長い間それをしていると身体を壊すことになる。身体を無理をさせても、見返りは減って行くばかり。そして生きている限り、動いていたいから!」

そして毎日少しづつエクササイズすることを提唱し、「10分か20分だけするのよ。10分か20分で何でもできるわ。あと、だんだんそれが楽しくなってくるのよ。自分を本当にプッシュするようにしている。少なくともちょっとはね。すぐに素晴らしい気分になるわ。一瞬にして幸福ホルモンとそのエナジーを感じ始めるの」 「私の親の世代は、そうとはいかないわね。彼らの身体が衰えて行くのを見てきたわ。もし私が75歳や85歳になるのなら、車椅子を使いたくはない。誰かに持ち上げてもらってバスルームに連れて行ってもらうなんて嫌。マインドフルネスよ。それが大切!」と続けた。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する