スカーレット・ヨハンソン、マーベルから卒業宣言 | Numero TOKYO
Culture / News

スカーレット・ヨハンソン、マーベルから卒業宣言

©Bang Media International
©Bang Media International

スカーレット・ヨハンソンが、マーベルからの卒業を明言した。『アイアンマン2』のブラック・ウィドウ役でデビュー、その後2021年の『ブラック・ウィドウ』や「アベンジャーズ」シリーズに出演したスカーレットだが、マーベル・シネマティック・ユニバースに復帰する予定はないという。

『アイアンマン』でペッパー・ポッツ役を務めたグウィネス・パルトロウ(50)のポッドキャスト番組『グープ』で、スカーレットはこう話している。「ええ、最高だった。今までで一番良い時間だった気がする。『アベンジャーズ』をやるのはすごく楽しかった。26歳で独身で、とても面白かったわ!誰に対しても責任がなくて、ただ楽しむだけだった」「その後2、3年ごとに戻ってまたやって、皆人生の様々な場面に遭遇する。誰かが子供を産んだり、結婚したり、離婚したり、再婚したり、色々ね。まるで大人のサマーキャンプみたいなものだった。素敵だったわ。本当に最高の経験だった」「もうおしまい。そう卒業したの。このチャプターは終了。やるべきことはすべてやったわ」「10年以上の時をそうやって何度も復帰し、キャラクターを演じてきたことは、とてもユニークな経験よ」

そんなスカーレットは、マーベルのケヴィン・ファイギ 社長にも「彼は映画やストーリーテリングを愛している。本物のファンね」と優しい言葉をかけた。

一方番組内でグウィネスが、MCUに自分が復帰する可能性について、「そう思うわ。つまり私は死んでいないので、いつでも依頼できるでしょ?」と話すと、スカーレットは「いつか戻ってくるかもしれない。100%そうなる。私にはわかるわ。あなたを絶対に手放さないって。あのかつらの準備しなさいよ、ベイビー」と反応、グウィネスは「本当?64歳のペッパー・ポッツ?なんて素敵」と答えていた。

 


 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する