写真家・新津保建秀の近作個展がミヅマアートギャラリーにて開催 | Numero TOKYO
Art / News

写真家・新津保建秀の近作個展がミヅマアートギャラリーにて開催

写真家・新津保建秀の個展「消え入りそうなほど 細かくて 微妙な」が、東京・飯田橋のミヅマアートギャラリーにて開催。会期は、2023年4月19日(水)〜5月20日(土)まで。

©SHINTSUBO Kenshu, Courtesy of the artist and Mizuma Art Gallery
©SHINTSUBO Kenshu, Courtesy of the artist and Mizuma Art Gallery

小誌『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』をはじめとする雑誌・広告の撮影やアーティスト活動とともに、さまざまな異分野の人たちとの協働によるプロジェクトも展開する新津保。

例えば、東日本大震災の直後より雑誌『思想地図 β』(ゲンロン)と行った東北地方やウクライナでのドキュメンタリー撮影(2011-2013年)。最近では、複雑系科学・人工生命の研究者である池上高志、音楽家のevalaらとともに体験型 VR のインスタレーション作品に取り組むなど、その表現の幅を広げている。

©SHINTSUBO Kenshu, Courtesy of the artist and Mizuma Art Gallery
©SHINTSUBO Kenshu, Courtesy of the artist and Mizuma Art Gallery

本展では、新作を含むこの数年間の活動を凝縮した展覧会を開催。写真作品のほか、映像作品、コロナ禍に記録された写真とテキストによるシリーズなどを紹介する。
長野県・諏訪で見た焚き火、熊本の震災後に土砂崩れによってできた滝や、逢魔が時に見た空とそれを映す水面、そしてPhantomという名の超高速度カメラで捉えた火のゆらめきなど、今回展示する作品に収められた風景や被写体はどこか異形で、見知らぬ風情を纏っている。

本展のタイトル「消え入りそうなほど 細かくて 微妙な」とは、人工知能との対話において出てきた言葉とのこと。人間とは異なる存在から発せられた言葉が表す、新津保建秀の写真世界。この機会にぜひ体感してみよう!

※掲載情報は4月18日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

新津保建秀展「消え入りそうなほど 細かくて 微妙な」
会期/2023年4月19日(水)〜5月20日(土)
会場/ミヅマアートギャラリー
住所/東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
開館時間/12:00〜19:00
休館日/日、月、祝
URL/https://mizuma-art.co.jp/exhibitions/2304_shintsubo/

<関連イベント>
4月26日(水)19:00〜 新津保建秀×哲学者・下西風澄トークイベント

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

ロウン SPECIAL

オンライン書店で購入する