コートニー・カーダシアン、ウェディングドレスはガンズ・アンド・ローゼズMVからインスパイア | Numero TOKYO
Culture / News

コートニー・カーダシアン、ウェディングドレスはガンズ・アンド・ローゼズMVからインスパイア

©Bang Media International
©Bang Media International

コートニー・カーダシアンのウェディングドレスは、ガンズ・アンド・ローゼズのビデオにインスパイアされたものだという。 2022年5月にカリフォルニアでブリンク182のトラヴィス・バーカーと結婚後、イタリアのポルトフィーノで豪華な式を挙げたコートニーは、ウェディングドレスはガンズ・アンド・ローゼズのMVの中でモデルのステファニー・シーモアが着ていたものに決めたそうだ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kourtney Kardashian Barker(@kourtneykardash)がシェアした投稿

コートニーはインスタグラムでこう明かした。「1年前、ウェディングドレスのデザインを決めようと思って、ドルチェ ガッバーナと初めて対面でミーティングをしたの!」「私のドレスの最初のインスピレーションは、トラヴィスと私がまだ婚約もしていなかったある夜、ガンズ・アンド・ローゼズの『ノーヴェンバー・レイン』のビデオを見ていて『私たちの結婚式はこれだ』ってお互いに言ったことだった」「彼女は短いドレスを着ていて、私も『短いドレスがいい!』って思ったの」

また、イタリアの風情を加えたものにしたかったというコートニーは、1990年代の女優モニカ・ベルッチのファッションからのインスピレーションを取り入れたそうで、「結婚式をポルトフィーノで挙げることにした時、ドレスの雰囲気やフィーリングにも影響したわ。私たちがイタリアに逃げて結婚したような気分になりたかったから、ドレスや結婚式もそんな感じにしたかったの!」と続けた。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kourtney Kardashian Barker(@kourtneykardash)がシェアした投稿

さらに、トラヴィスのタトゥーのイメージをウェディングベールに刺繍することで自分らしさを演出するアイデアも気に入ったようで、「ドルチェ ガッバーナが、トラヴィスが頭に入れているタトゥーの聖母マリアと、家族、忠誠、尊敬というタトゥーの文字を手作りのレースのベールに入れることを提案した時、私は鳥肌が立って、それがどんなに特別な感じかって事がわかったの」「すべてが計画されていて、私の夢を叶えるためにとても早く実現した。すべてを実現するために全力を注いでくれたみんなにとても感謝しているわ」と語った。

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JUNE 2024 N°177

2024.4.26 発売

One and Only

私のとっておき

オンライン書店で購入する