SEVENTEENがファンミーティングをソウルで開催。4月のカムバ予告も! | Numero TOKYO
Culture / News

SEVENTEENがファンミーティングをソウルで開催。4月のカムバ予告も!

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

SEVENTEENのファンミーティング「SEVENTEEN in CARAT LAND」が、2023年3月10日(金)〜12日(日)の3日間に渡り韓国・ソウルのKSPO DOMEにて開催された。4時間半にも及んだ最終日の模様をレポート。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

ステージにブルーの幕が下がり、次々にひょっこり姿を現すメンバーたち。「最終日も楽しもう! CARATLANDヘようこそ!」というDKの叫びと共に、ソファを使ったパフォーマンスが印象的な名曲「Pretty U」でエネルギッシュにスタート。

曲の終わりには、メンバーたちが自分で考えたスローガンを広げる場面も。「いつもCARATの皆さんがスローガンを作ってくれるので、今日は僕たちも用意しました」とHOSHI。「これからも素敵な思い出を一緒に作りましょう」(WONWOO)、「今日ジャンプしたら明日浮腫まないよ」(SEUNGKWAN)など、個性溢れるメッセージを掲げた。

オープニングの挨拶を終えると、人生を旅路になぞらえて歌った楽曲「My My」を披露。美しいメロディと歌詞の内容を表現したダンスで魅了した。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

続いて、ゲームコーナーに突入。SEVENTEENの人気コンテンツ「GOING SEVENTEEN」でもお馴染みの「論理ナイト」をオフラインで開催! 2つのチームに分かれてそれぞれの論理を展開する討論ゲームで、その攻防戦が見どころ。最終日は「飛べない鷲 VS どこへでも飛べる雀」をテーマに、型破りな議論を繰り広げた。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

再びパフォーマンスでは「Together」、そしてSEUNGKWAN、DK、HOSHIによるユニットBSS(ブソクスン)の「Fighting」を披露。ラップパートをVERNONが担当し、会場のボルテージは最高潮に!

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

VCRを挟んで、ジャージ姿に着替えたメンバーが登場。3チームに分かれてクイズに答え、負けると罰ゲームに「自分と似合わない曲」を踊るというゲームに挑戦。罰ゲームと言いながら、全員が用意してきたダンスを見せてくれ、片時も目が離せない時間となった。

パフォーマンスチーム(HOSHI、JUN、THE 8、DINO) (P)&(C) PLEDIS Entertainment
パフォーマンスチーム(HOSHI、JUN、THE 8、DINO) (P)&(C) PLEDIS Entertainment

まだまだSEVENTEENの手厚いおもてなしは続き、パフォーマンスチーム、ボーカルチーム、ヒップホップチームがそれぞれ別のユニットの楽曲を行うスペシャルパフォーマンスも! パフォーマンスチームは、ヒップホップチームの「Back it up」を、ヒップホップチームはボーカルチームの「Imperfect love」を、ボーカルチームはパフォーマンスチームの「PANG!」を発表し、どのジャンルでも完璧にこなすオールマイティーな実力を見せつけた。

ヒップホップチーム(S.COUPS、WONWOO、MINGYU、VERNON)(P)&(C) PLEDIS Entertainment
ヒップホップチーム(S.COUPS、WONWOO、MINGYU、VERNON)(P)&(C) PLEDIS Entertainment

ボーカルチーム(WOOZI、JEONGHAN、JOSHUA、DK、SEUNGKWAN)(P)&(C) PLEDIS Entertainment
ボーカルチーム(WOOZI、JEONGHAN、JOSHUA、DK、SEUNGKWAN)(P)&(C) PLEDIS Entertainment

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

4枚目のフルアルバム『Face The Sun』からの一曲「DON QUIXOTE」で息の合ったステージを見せた後、アンコールの「돌고 돌아 (Circles)」では、メンバーの家族による直筆メッセージがスクリーンに映し出されるサプライズが。号泣するWONWOOにメンバーたちが寄り添う姿、感極まったWOOZIをサポートするように歌うCARATの歌声が涙を誘った。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

最後のコメントを抜粋して紹介。

MINGYU「いつでもどんなときでも、何であれ、CARATの皆さんが好きなものなら、常にベストを尽くす歌手になりたいと思います。この気持ちを忘れずに、皆さんを幸せにできるように頑張ります」

WOOZI「ファンミーティングでの家族写真と手書きの手紙はいつも起こり得ることですが、本当に感動しました。ありがとうございます。3日間この話をするとは思わなかったけれど、この状態でも心配しないでください。ウアヘ〜」

JUN「昔もよく思いましたが、みんなが幸せにいてほしいです。CARATの皆さんもSEVENTEENもそうだし、幸せってそんなに簡単なことではないですよね。メンバーもたまには趣味を楽しんでほしいし、ゆっくり休んで幸せな生活をしてほしい。CARATの皆さんも、それぞれの幸せを見つけてほしいです」

JOSHUA「メンバーたちもCARATの皆さんも、ご両親も大切な存在です。CARATの皆さんにこういう姿が見せられるのは、お互い近くで支え合う存在だからです。力になってくれて感謝します。シュアへ!」

S.COUPS「去年がSEVENTEENにとっては個人的に辛い一年でした。メンバーもCARATLANDだから気楽に泣いて笑っていますが、それはCARATの皆さんを信頼しているからです。さっきWONWOOのお父さんからの手紙に『これから20年活動しなさい』と書いてありましたが、WONWOOのお父さんが僕らのリーダーみたいな存在なので、これからもっと頑張ってSEVENTEENを守っていきます」

JEONGHAN「胸がギュッとなりました。今日はお越しいただきありがとうございました。これからも頑張ります。この悲しい気持ちのまま家に帰れませんね。これを言える雰囲気じゃないけれど、『カラット、今日は〜?』。最後まで楽しみましょう」

THE 8「JEONGHANさんが話すときまで心が重かったのに、もうこんな雰囲気になっちゃいました(笑)。僕みたいな感情的なメンバーもいれば、いろんなメンバーがいるのでSEVENTEENはここまで来れたと思います。CARATの皆さんも今日の思い出を胸に、良い1年を過ごしてください。SEVENTEENはいつでもCARATが会いたいときに同じ場所にいますから」

WONWOO「今日はお母さんに会いたくなります。僕とCARATのことを大好きでいてくれたので、これからもそれを守れるように頑張ります。素敵な息子に育ててくれてありがとうございます」

DK「この3日間、メンバーとの時間が大切で、歌手になって本当に良かったと思いました。CARATの皆さんの前で歌って、ステージに立つことができて…。これからも、皆さんのそばで一生歌っていい音楽と笑顔をお届けします。あと200年は活動します!」

VERNON「笑って泣いて、今日の現場は感情の幅が大きいみたいです。皆さんに幸せな思い出を作ってあげるつもりでしたが、むしろ作っていただいて、ありがとうございます。これからもいい思い出を一緒に作りましょう!」

HOSHI「再契約しましたし、アルバムもリリースされます。心配しないでください。次の作品を自信を持って準備しているところです。僕はこれまでいろいろな夢を叶えてきましたが、これからの夢は皆さんが誇れるようなパフォーマンスをお見せすることです。それを達成するのが楽しみです」

DINO「常にレベルアップする僕たちチームがかっこいいなと思いました。ここまで頑張って活動できるのがありがたいし、誇りに思います。自信がないと活動できないので。その自信はCARATの皆さんのおかげです。どんなことがあっても、分かち合った感情を忘れないでください。僕の存在意義は、皆さんです!」

SEUNGKWAN「CARATの皆さんに会うと、いろんな感情が爆発してしまうんです。今日も泣いてしまいましたが……。幸せって、そう思えば訪れてくれるものですね。皆さんに少しでも幸せのエネルギーをお伝えしたいです。幸せになりましょう!」

コメントを終えると、スローガンを掲げたCARATが「웃음꽃(Smile Flower)」を歌い出し、会場はきれいな歌声に包まれた。ラストは「Healing」、そして「Fighting」、「아주 NICE」とSEVENTEEN名物の永遠に終わらないアンコールを繰り返した。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment
(P)&(C) PLEDIS Entertainment

コメントを終えると、スローガンを掲げたCARATが「웃음꽃(Smile Flower)」を歌い出し、会場はきれいな歌声でいっぱいに。ラストは「Healing」、そして「Fighting」、「아주 NICE」とSEVENTEEN名物の永遠に終わらないアンコールを繰り返した。DINOとS.COUPSの「4月に会いましょう!」という挨拶と共に、ステージはようやく幕を閉じた。

日本では、2023年5月17日(水)と18日(木)には京セラドーム大阪で、5月27日(土)と28日(日)には東京ドームでファンミーティングを開催予定している。

Text: Yukiko Shinto

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する