新作も加わり戻ってきた!「ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END」六本木にて開催 | Numero TOKYO
Art / Post

新作も加わり戻ってきた!「ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END」六本木にて開催

2023年2月3日(金)から4月10日(月)まで、森アーツセンターギャラリーにて『ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END』が開催される。2019年に開催された初の大規模個展『ヒグチユウコ展 CIRCUS』が3年をかけて全国9か所を巡回し、さらに新作を加えて東京へ戻ってきた。画家であり、絵本やさまざまなジャンルで活躍するヒグチユウコ、これまでから現在までを知る、圧巻の大規模展。

「ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END」ポスタービジュアル 2022年 ©Yuko Higuchi
「ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END」ポスタービジュアル 2022年 ©Yuko Higuchi

少女、キノコ、不思議ないきものたち。自由な発想と深く描きこまれる繊細なタッチで、独自の世界観を発表し続けている画家のヒグチユウコ。作品制作だけでなく、絵本の刊行や、ファッションではグッチとクリエイションを行うなど、幅広いジャンルで世界を広げている。

2019年1月には、東京・世田谷文学館にて初の大規模個展『ヒグチユウコ展 CIRCUS』が開催。その後(まるでサーカスのように!)兵庫、広島、静岡、高知、愛知、福岡、長野、岡山、なんと全国9か所を巡ってきた。そして、ふたたび東京に『ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END』として、戻ってくる。

岡山会場描きおろし作品 《CIRCUS 蝸牛と道化》2021年 @Yuko Higuchi
岡山会場描きおろし作品 《CIRCUS 蝸牛と道化》2021年 @Yuko Higuchi

六本木の「森アーツセンターギャラリー」で開催される本展には、これまで巡回展で展示された約500点の作品のほかに、紹介しきれなかった作品を加えて、約1500点が展示される。

会場ごとに描き下ろされたヴィジュアルや、本会場のために描き下ろされた大作『終幕』(2022年)、さらには「サーカス」にちなんで新たに描き下ろした原画など、これまでの『CIRCUS』展をも総括する大規模な展示となる。

愛知会場チケット用作品 2020年 @Yuko Higuchi
愛知会場チケット用作品 2020年 @Yuko Higuchi

手がけた絵本からは、『ふたりのねこ』(2014年)や『ギュスターヴくん』(2016年)、『ほんやのねこ』(2018年)などより原画を展示。可愛らしくも、どこかホラー味のある、不穏な世界に思わず見入ってしまう。原画だからこそ、繊細に描かれた作品とじっくり向かい合って楽しんでほしい。

そのほか、最近の活動から生み出された作品も多数展示。本の装画や、映画にまつわる作品、自主制作で発刊された画集『Fear』のための作品など、ヒグチユウコさんの現在までが網羅されている。

さらには展覧会後のお楽しみもたくさん。展覧会のためのオリジナルグッズにも新作が登場し、展覧会場と同フロアにオープンする「CANTEEN GUSTAVE by THE SUN & THE MOON〈Cafe〉」では、作品の世界観にリンクした料理が楽しめる。特製のお皿がプレゼントされるメニューも、枚数限定で登場。

広がり続けるヒグチユウコさんの世界に、たっぷりと浸ってほしい。

《Circus》2018年 ©︎Yuko Higuchi
《Circus》2018年 ©︎Yuko Higuchi

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END
期間/2023年2月3日(金)~4月10日(月) ※会期中無休
時間/10:00~18:00
※金・土曜は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
場所/森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)
URL/higuchiyuko-circus.jp

 

Text:Hiromi Mikuni

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する