奈良美智とのコラボレーションも!「Stella McCartney」軽やかでセンシュアルな23年サマー コレクション | Numero TOKYO
Fashion / Post

奈良美智とのコラボレーションも!「Stella McCartney」軽やかでセンシュアルな23年サマー コレクション

©JASON LLOYD EVANS
©JASON LLOYD EVANS

ステラ マッカートニー(Stella McCartney)が、23年サマー コレクションのショーをパリのジョルジュ ポンピドゥー 広場にて開催した。

01 | 15

初の屋外での開催となった今回のショーは、カラフルに彩られたランウェイが出現。

ステラ マッカートニーの真骨頂とも言えるサヴィル ロウ テーラリングは、バイアスカットされたスカートスーツを合わせて提案。煌びやかなチェーンや、クリスタルのボディジュエリーのインナーに、足元にはフィッシュネットストッキングサンダルを合わせ、軽やかで新しいルックが登場した。

奈良美智の「CHANGE THE HISTORY」というメッセージに共感し、作品をフィーチャーしたアイテムも話題となった。ストレッチの効いたクリンクルニットドレスや、シャツ、ドレスなどにあしらわれた。なお、2022年12月にはステラ マッカートニーと奈良美智とのコラボレーションによるユニセックスのカプセルコレクションの発売を予定している。

ピンク、イエロー、ミントブルーなど、爽やかなカラーパレットが登場し、ステラ マッカートニーの原点である美しいシルエットのミニマルでセンシュアルなコレクションで魅了した。

小物は「ファラベラ」のクラッチバッグや、「S ウェーブ」のパーティバッグ、パファー素材の「フレイム」などがお目見え。「S ウェーブ」のショルダーバッグにはブドウ由来のレザーの代替素材を、「フレイム マイロ」にはキノコの地下根系である菌糸体(マイセリウム)が用いられている。

クッションソールを採用した新作のヴィーガンストラップサンダル「オパンカ」にも注目。

©JASON LLOYD EVANS
©JASON LLOYD EVANS

今回のコレクションは、レディ トゥ ウェアの87%を持続可能な素材を用いて構成された、史上最もサステナブルなコレクションに仕上がった。また、今後はショーのために必要となる二酸化炭素排出量を極限まで低減するほか、カーボンオフセットにも取り組んでいく予定だという。

会場はカーリー・クロスやジョアン・スモールズといったモデルから、パリス・ジャクソン、エリー・ゴールディングまでさまざまな分野のセレブリティで賑わいを見せた。

Stella McCartney
ステラ マッカートニー カスタマーサービス
TEL/03-4579-6139
URL/www.stellamccartney.com

Text: Yukiko Shinto

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する