デザイン&アートの祭典 「DESIGNART TOKYO」 が、今年もいよいよ開幕! | Numero TOKYO
Art / Post

デザイン&アートの祭典 「DESIGNART TOKYO」 が、今年もいよいよ開幕!

日本最大級のデザインとアートの祭典「DESIGNART TOKYO(デザイナートトーキョー)」が今年も待望の開幕を迎える。東京都心エリア各所にて、2022年10月21日(金)~30日(日)まで。
 
 
世界屈指のミックスカルチャー都市である東京を舞台に、アートやデザイン、インテリア、ファッションなどが集結する日本最大級のデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO」。2017年の開催から6年目を迎える今年は、「TOGETHE ~融合する好奇心~」をテーマに掲げ、東京都心エリアの各所にて総数92もの多彩なプレゼンテーションが行われる。

CRYSTN「the SP!RAL」 展示会場:DESIGNART TOKYO 2022 INFORMATION CENTER(ワールド北青山ビル)
CRYSTN「the SP!RAL」 展示会場:DESIGNART TOKYO 2022 INFORMATION CENTER(ワールド北青山ビル)

まずは、廃棄衣類繊維「アップサイクルボード」を用いたデザイナー・板坂諭による空間デザインが印象的なサステナブル×テクノロジーの展示「NEXT CIRCULATION」にご注目を。天然由来のプラスチックを用いたアートプロジェクト「Printed Sculpture」の作品や、リサイクルガラス製シェードを利用した照明作品『Orbit』などを通して、リサイクルやアップサイクルの“その先まで”を見据えたコンテンツが展開される。

Messagingleaving (Chialing Chang) 展示会場:DESIGNART GALLEY (Hz SHIBUYA)
Messagingleaving (Chialing Chang) 展示会場:DESIGNART GALLEY (Hz SHIBUYA)

また、3組のクリエイターによる「めぐる、つなぐ、はじまる展」(展示会場:ITOCHU SDGs STUDIO)では、廃棄木製家具などを利用した藍染め家具「Ao.Re:」が発表されるほか、Studio POETIC CURIOSITYによる、廃棄されたファブリックなどから作ったレコード盤を再生して多様な音を楽しむユニークな体験型展示などが行われる。

そのほかにも、アジアのクリエイターに焦点を当てた作品展示「DESIGNART GALLERY」や、日比谷の高架下空間「日比谷OKUROJI」を会場に気鋭アーティストらが繰り広げるプレゼンテーションやプロダクトの展示まで、今年も盛りだくさんの内容に。

東京の街が美術館化する10日間。ぜひお見逃しなく!

『木華kohana』 展示会場:KAISU
『木華kohana』 展示会場:KAISU

※掲載情報は10月17日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

DESIGNART TOKYO 2022
会期/2022年10月21日(金)〜30日(日)
会場/表参道・外苑前、原宿、渋谷、六本木・広尾、銀座エリア
時間/各出展者によって異なるため、下記サイトを参照の上、問い合わせのこと
※会場によって期間、開催時間、休日、入場料などが異なる
URL/designart.jp/designarttokyo2022/

Text : Manami Abe

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する