ジョニー・デップとアンバー・ハードの泥沼裁判が映画に | Numero TOKYO
People / Post

ジョニー・デップとアンバー・ハードの泥沼裁判が映画に

©Bang Media International
©Bang Media International


ジョニー・デップとアンバー・ハードとの間で繰り広げられた名誉毀損裁判を題材にした映画が製作される。アンバーがジョニーを名指しにはしなかったものの、ドメスティックバイオレンスの被害者として綴った2018年の論説を巡り、ジョニーがアンバーを名誉毀損で訴えていた裁判では、ジョニーに1000万ドル(約14.3億円)、反訴していたアンバーに200万ドル(約2.9億円)の賠償を認める判決が下されたが、後に両者とも控訴を申請していた。

そして、今回この泥沼裁判を描いた映画『ホット・テイク:ザ・デップ/ハード・トライアル』の製作が決定し、サラ・ローマンが監督を務め、マーク・ハプカとメーガン・デイヴィスがジョニー役とアンバー役をそれぞれ演じる。

Tubiのチーフ・コンテント・オフィサー、アダム・ルウィンソン氏は「このTubiオリジナル作品は、文化的思潮の一部となったストーリーをタイムリーに捉え、この夏メディアを賑わせ何百万人もの人々からの注目を集めた出来事をユニークに描き出すため制作が急がれた」と話している。

判決を不服としたアンバーは、7月21日に控訴を申請、それを受けてジョニーも同様の手続きをとっていた。

 


 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する