残された過去の時間。髙橋恭司の写真展「Ghost」 | Numero TOKYO
Art / Post

残された過去の時間。髙橋恭司の写真展「Ghost」

写真家の髙橋恭司の写真展「Ghost」が、東京・代官山の「LOKO GALLERY(ロコ ギャラリー)」にて開催中。会期は、2022年9月16日(金)~10月16日(日)まで。

本展は、90年代からファッション・カルチャー誌で広く活動し、国内外の媒体で作品を発表しながら、後進の写真家たちに多大な影響を与えた写真家、髙橋恭司のこれまでの⾜跡を美術の文脈で捉え直す試みだ。

貴重な初期のヴィンテージプリントから、“花”を捉えた最新シリーズまで、さまざまな作品が一堂に展示される。本展に合わせて、写真集『Ghost』を限定500部で出版。15年にわたり雑誌『Purple』のアートディレクターを務めたクリストフ・ブランケルがアートディレクションを手がける。

会期中には、ハナレグミ・永積 崇 (ミュージシャン)、坂本美雨 (ミュージシャン)、大竹昭子 (作家・写真評論家) × 安田和弘 (写真家・写真研究者)、川内倫子 (写真家)、寺本健一 (建築家)らとのトークイベント(予約不要)も開催予定。

30年以上にわたって、⽣のリアリティを湛え、事物の本質を鋭く切り取ってきた髙橋恭司。この機会に、彼の作品世界にぜひ触れてみたい。

開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

髙橋恭司写真展「Ghost」

会期/2022年9月16日(金)~10月16日(日)

会場/LOKO GALLERY

住所/東京都渋谷区鶯谷12-6
開館時間/水〜土 11:00~19:00、日 12:00-18:00(日)

休廊日/月・火・祝
https://lokogallery.com/archives/exhibitions/ghost

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する